追放選挙 #25「一政、追放」

追放選挙

要が相手と知り、よかったという一政。
彼は負けるとは思っていなかったから勝ってくれて嬉しいようです。

一政
「僕は追放される、実はそれをまちわびていたんだ」
「誰かを食べて、誰かになる」
「だったら僕が彼らに食べられれば、僕は彼らになれる」
「食べることは好きだけど、食べられることにも大いに興味があるんだ」

追放選挙

一政
「そんなことはないさ」
「だって今も『彼女』を感じるんだ」
「彼女だけじゃない、何人も何人も」


「そのわりには都合よく『殺された痛み』は受け継がなかったんだな」
「お前の継承は完璧じゃない」
「なぜならそれは『お前の知っていること』しか受け継げないからだ」
「試してみるといい、外の怪物で」

「確かに殺される痛みは知らないけど…それは礼儀として受け入れるよ」と最後まで冷静なまま、一政は追放されていきました。

 

 

 

追放選挙

ある雪の日
命は受け継いでゆくものなのよ
という母の声で、一政くんは生まれました

食べることは、生きること
生きることは、食べること

それは一政くんにとって、食べるということの意味が変わってしまった日でもあります

追放選挙

それから一政くんは、たくさんの素材を調理してたくさんの食事をしました

食べるたびに、生きていると一政くんは感じていたのでした

追放選挙

ある日、一政くんが目を覚ますと世界は滅亡し、選挙がはじまっていました

選挙で一政くんは、自分の望みをみんなに発表することになりました
それがみんなにとって幸せになれる望みだったらアリスちゃんが叶えてくれるのです
ただし、みんなが認めてくれなければ怪物の住む森に追放されてしまいます

「食べることで救われるのなら、食べるべきだ」
「単純なことじゃないかな?」

生きるために食べる
それは、一政くんが生まれた時に教わったただひとつの考え方だったのです

でも、一政くんの本当の願いは食べることでひとつになることでした
食いしん坊の一政くんは、追放されてしまいました

追放選挙

「さて、お客さんはどこかな」

一政くんは、料理人です
森にお店をひらいて、お客さんを待ちます

ずずん

巨大な怪物が、一政くんのお店を訪れました

追放選挙

「それでは、最後の料理を始めようか」

一政くんが料理をはじめると、あたりに芳醇な香りが立ち込めます
あまりにおいしそうな匂いに、近くにいた怪物たちも集まってきます

「最後に一つだけ、聞きたかったな」
「おいしかった?って」

追放選挙

ーThe Endー

志歩理も雷神も、最後は潰されたり食べられたりとグロい終わり方だったんだけど…
一政は生きたまま終了でびっくり( ºωº )

 

 

 

3回目の選挙終了後、外に出た要は今まで以上に体調が悪いことに気づきました。
これまでも選挙後は頭痛に襲われていましたが、今回はかなりひどいようですぐにでも部屋で休みたいと思うほどのようです。

追放選挙

「とりあえず選挙、おつかれさま」
「覚えてないだろうけど、もうみんなも慣れたよね」
「で、本題なんだけど」

いつもホログラムで出てきて挨拶していたアリスが、今回はモニター越し。
そして良いニュースと悪いニュースがある、と続けます。

良いニュースとは、明日は一日まるまるお休み。
体調の悪い人はきちんと休んで元気になってね、とのこと。

そして悪いニュースは、緊急事態ってほどではないが問題は発生しているらしい。
その対応に追われているので明日はホテルから出るのは禁止。
食事も各自で用意し、アリスへの質問は部屋のモニターからしか答えないとのこと。

追放選挙

アリスの声から感じる焦りや真剣さに、これはなにかのチャンスか?と要は思いましたが監視は怠らないというアリスの言葉に嘘はないのでルールを破るのはやめておいた方がよさそうです。

それと、なぜかノーリの姿が見えずアリスに聞いてみると、ノーリはアリスに管理されて休んでいるらしい。
理由は「ヒミツ」と教えてもらえなかった。

 

部屋に戻る前に他の人達の様子を見てみると、要以外にも体調の悪そうな人が。

追放選挙

嘘からも分かるくらい、体調が悪そうな白秋
双子に両脇を抱えられるように部屋から出て行きました。

 

 

実乃璃たちのグループはどうか視線を向けると、向こうもこちらを見ていて目があってしまいました。
そして要たちの方に「ちょっとお話したいことがあるんですけど、今大丈夫ですか?」と近づいてきました。
明日、苺恋とノーリを含めた6人で話したいと言われたので、ノーリは分からないけど苺恋は参加で話をする約束をしました。

追放選挙

要の顔色が悪いと苺恋に心配された時、「え?要さんもですか?」と実乃璃に驚かれました。
どうやら実乃璃も、選挙後はいつもすごく疲れているらしい。

道宗に「明日の話は明日にしましょう」と言われ、とりあえず解散。
要たちも部屋に戻って休むことに。

 

各グループの中心人物が全員具合悪いということが、今回のアリスがいう問題発生になにか関係しているのかな?
部屋に戻る前にノーリの部屋に寄ってみたけど、カードキーが使えず中に入れないようになっていたのも気になる…ノーリになにがあったんだろう?(記憶が戻ったとか?)

 

 

前:追放選挙 #24
次:追放選挙 #26

 

PS4追放選挙
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。