追放選挙 #21「雷神、追放」

選挙終了後、「俺の負けか…」と冷静になった雷神に対し、要が「お前はただの人殺しだ」と冷たく言うと雷神はまた取り乱し始めました。

自分は人殺しでもなければ、罪人ですらない、と…。

追放選挙


「すべてを周りのせい、人のせい、環境のせいにするのもいいかげんにしろ」
「お前は自分が善人だと思っているようだが、それは違う」
「お前が何者か、俺が教えてやる」
「自分の犯した過ちを認めず、罪から逃れたいだけの…」
「責任逃れな甘ったれの極悪人だ!」

雷神
「ち、違う!俺はそんなんじゃない……違うんだ!」

いつまでも認めないので「もう飽きちゃった」と話に入ってきたアリス。

追放選挙

解放される、というのが気に入らない要は最後に「化物に喰われ、死ぬ瞬間まで…悔いろ。いや、その後も未来永劫、苦しめばいい」と言いました。

アリスは「それはそれで面白そう」と笑い、雷神を追放へ

 

 

 

追放選挙

青き紋章を身にまといし、その者
伝説の鎧を手に入れるだろう

昔々、貧乏な二人の兄弟が仲良く、暮らしていました

兄は、たった一人の家族である雷神くんを、とても可愛がっていたといいます
兄と雷神くんは、絆の証として腕に、秘密の青き紋章をつけていました

そんなある日、兄は人を殺してしまいます
弟は、兄を探しましたが、見つかりません

かわりに、弟が捕まってしまいました
気づくと、弟を守る人は誰もいません

追放選挙

とうとう、弟は、犯人にされ長い間、罪を償うことになりました

雷神くんは心を、固く閉ざしました
青い紋章は、たくさんの人を遠ざけました

追放選挙

そんなある日、雷神くんが目を覚ますと世界は滅亡し、選挙が始まっていました

選挙で雷神くんは、自分の望みをみんなに発表することになりました
それがみんなにとって幸せになれる望みだったら、アリスちゃんが叶えてくれるのです
ただし、みんなが認めてくれなければ怪物の住む森に追放されてしまいます

「他人に刻まれた傷を乗り越えることは難しい」
「だったら傷自体を消すことで前向きに生きることができるはずだ」

雷神くんの願いは、記憶を消せる世界
悪いことを、忘れることができる
まるでなかったことのようにできる、そんな世界でした

でも、雷神くんの本当のお願いは
自分が悪いことをしたのを、ただ忘れたかっただけなのでした

追放選挙

悪いことをしてしまった雷神くんは、追放されてしまいました

森の中に一人で残された雷神くんは、強がって大声で叫びました
「また一人か。せいせいするぜ!」
雷神くんは、青い紋章をかざし、言葉や偏見から身を守ります

それは、とても珍しいものだったので、怪物たちは、近くで見たいと、近寄ってきます
「……いい加減、うぜえな」

ざわざわざわ

追放選挙

あっ!

その鎧は、雷神くんを守ってくれるのです

追放選挙

きっと、今回も……

ーThe Endー

 

この話の内容だけで判断すると、雷神は兄と同じ青き紋章をしていたから犯人とされただけのようなので人は殺していないのでは…( ºωº )!?
けど雷神は選挙の中で仕方なかった、と自分がやったかのような発言もしていたので…
アリスの記憶消去で兄を忘れ、自分がやったと思い込んでいる…のかな?

うーん、スペシャルカードを集めないと本当のことはわからないか(´ω`)

 

 

 

追放選挙

2回目の選挙が終わり、周りを見回してみると最初とは違って落ち着いている人が多い様子。

要が最初に殺すと決めた三人の最後のひとりである一政を見てみると、1回目の選挙後は呆然としていたのに今回はいつも通りの微笑みを浮かべ、平然としていました。

追放選挙

「誰が消えたか、全部忘れちゃってるから、実感がないよね」
「でも、かえって僕たちにとっては、いいことなのかもしれないけど」
「ほら、普通に暮らしてたら、知ってる人が死ぬなんて滅多にない経験だから」
「覚えてたら、怖くなっちゃいそうでね」

一政は知っていても、怖くないようですな。

それより明日の夜に約束した食事会の方が気になるようで、要に覚えているかの確認をしてきました。

追放選挙

 

 

一政や他の人達がそれぞれ部屋を後にしたのを確認して、アリスを呼びます。
次の対立候補の話と…選挙中にいた、志歩理について。

追放選挙

「キミも含めて、全員の人格をデータ化してるからね」
「ここで起こっていることすべて、モニターして、分析して、保存してるんだ」
「蓄積されたデータが多ければ多いほど、精度は上がっていくんだよ」

これもアリスの目的の一つのようです。

そして選挙中は、どんどん人数が減っていったら盛り上がらないから人数は減らないらしい。
つまり追放された人たちはアリスによって再現され、毎回参加していく、と。

今回、志歩理が参加してたのに要が不自然に思わなかったのは、記憶をいじられていたから。
選挙の時だけは全員が揃った状態…最初の選挙の時の記憶までリセットされているらしい。
毎回そういうことして、記憶がおかしくなったりしないのかね(´ω`)?

追放選挙

気になっていたこともわかったことだし、次の対立候補を指名することに。
アリスにも誰が指名されるかはわかっているけど、立候補者の口から言うルールがあるからと言わないといけないようです。

次の対立候補は、Cグループの最後の一人…

追放選挙

忍頂寺一政、です٩( ‘ω’ )و

まだ秘密が多い彼のことを、次の選挙までにどれくらい知れるかなー。
化物を食べたい理由とか、怖くない理由が知れるといいんだけど…。

 

 

前:追放選挙 #20
次:追放選挙 #22

PS4追放選挙
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。