追放選挙 #11「話し合い?いや、自己紹介」

なんとか12人全員で会議室に集まることができたので、早速話し合いを開始。

要の目的は全員の本性を見極めることなので、会話の主導権を握ることではありません。
なので最初に倒れたことへの謝罪と、今回提案した者として話の始めを…と軽く話をしました。

あとは最初に提案した一政か、要に突っかかってくる雷神にまとめ役を譲ろうとしましたが、する気はないようなので結局要が進行役をすることに。

 

 

とはいっても大事な話は出てこず、結局自己紹介をアリスの時よりもう少し詳しく話す程度。
全員の話を聞いた感じ、12人を4グループくらいに分けることができそうです。

追放選挙

姫野実乃璃を中心としたグループ。

実乃璃は中学三年生の美術部。
山奥の方に住んでいたらしく、都会に対し憧れてるっぽい発言をしていた。
選挙はしたくない派。

勇璃は中学二年生の帰宅部。
内気な少年、という感じで選挙についてはよくわからない派。

道宗は勇璃と同じ中学二年生の運動部。
剣道もしていて喧嘩に自信ありと嘘の発言。
(剣道は体育の選択でやってる程度らしい)
選挙は反対派。

 

 

追放選挙

伊純白秋を中心としたグループ。

白秋は都内の大学一年生。
選挙についてはまだ迷っている、と嘘の発言。
迷っていない、ということになるが賛成か反対かは不明。
咳をしたり、薬を持っているので持病がありそう。

アーシャ(左)は白秋と運命で結ばれているらしい。
白秋に危害を加えるものには容赦しないとか。

カーシャ(右)は白秋の許嫁で将来を誓い合った仲らしい。

アーシャとカーシャは本当にそう思っているようだが、白秋は冗談だと思っている様子。
見た通りに解釈すれば、白秋に恋する二人の少女。
アーシャの方が危険…かな?白秋もこの状況で冷静でいるので裏がありそうだけど…。

 

 

追放選挙

どのグループにも入ってない、個人の3人。

志歩理は何も考えておらず、相変わらず関心のない様子。
一政が話しかけたりして気にかけているようですが…。

一政は都内にフィリアという雑誌にも取り上げられたことがある自身のレストランあり。
ここにもレストランがあるので、一政はたいていそこで過ごす予定らしい。
材料はあるからリクエストしてね、と落ち着いている。
選挙に関しては明日のルール説明次第。

雷神は話すことは何もない、と話してはくれませんでした。
思いつくまま突っ走りそうで、意外と考えている人物っぽい。
アリスに欲しいものをリクエストされた時も、雑誌や新聞など、今が知れるものを要求していたし…(もらえなかったけど)

一政と雷神には注意が必要かな?

 

 

追放選挙

そして要・苺恋・ノーリのグループ。

苺恋は要と幼馴染で、ノーリは要が保護する話もしたのでみんなからこの3人がグループであると印象付けられました。

 

 

 

話し合いの中で、何度も要に突っかかってくる雷神。
嫌がらせのようなことを言われ続けましたが、このままみんなの雷神に対する印象が悪くなれば…と聞き続けました。

そして、一度は一政に止められていましたが再度、雷神は要に「お前、人を殺したのか?」と聞いてきました。
その質問に対し、要は雷神が答えたら言う、と逆に聞き出そうとしたとき…

突然、アリスが「ちょおっと待ったー!」と乱入してきました。

追放選挙

要の能力についてアリスは知っているので、止めに来たようです。

そして改めて、ルールを説明
・暴力禁止。
・アリスには触れるのも禁止。
(普段はホログラムだが、食事などを運ぶように一回り大きいボディがあるので、その実体がある方に触ってはいけない)
・動ける範囲はアリスランドの中のみ。外に出た場合は身の安全の保障はない。
・誰が誰を殺したか――これについては聞いても答えてもダメ。
・アリスには逆らわないこと。

選挙のルールに関しては、明日にならないと教えてくれないらしい。

 

 

 

アリスが来たことで、一政がアリスに関して疑問に思っていたことを実験。

一政と道宗がトイレに行ったついでにアリスを呼び出し、会話をしながら会議室へ。
会議室では一政たちが出ていった後、要がアリスを呼び出し話し続けました。

すると、一政が思った通りアリスが2体に…。

追放選挙

一政がしたかったのは、存在の証明
もし12人の中にアリスの中身がいるのなら、こんな風に同時に複数のアリスを動かすことができるのか?ということらしい。

選挙ルールがわからない以上、結論は出ないがこの中にアリスの中身はいないかもしれない、ということがわかりました。
要にとってはノーリが疑われないことが重要だったので、少し安心です。

それと、会話の中で一政を『最年長』といったり自分(アリス)を『レディ』といったことから要は思ったより若い人物で、あまり外に出たことがないような人と感じたようです。
(レディに関しては名前がアリスだからって前に言ってた気がするから性別は不明)

 

 

 

結局、重要なことはよくわからないまま話し合いは終了。
みんな疲れ始めていたので解散し、明日の選挙ルール説明を待つことに。

 

追放選挙

要と苺恋はノーリを寝かせた後、明日10時にノーリの部屋で朝食をとる約束をし、自分たちも休むことにしました。

遂に明日から選挙という名の殺し合いが始まる…
誰を味方につけ、誰から消すか考えなくては(´ω`)

 

 

前:追放選挙 #10
次:追放選挙 #12

PS4追放選挙
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。