LOST SPHEAR #50「再びクロムの元へ!」

月晄炉に到着。
クロムの過去で来た時と変わりはないようです。

LOST SPHEAR

ヴァン
「ここだな…」

カナタ
「あぁ、覚えてる…」
「これだ、起動スイッチは」

ヴァン
「クロムは悪意の具現化のためにこの月晄炉を利用した」
「今度はオレたちがこいつを利用する…」
「複雑な気分だな」

シェラ
「道具には意思もなければ善悪もない」
「その是非は使う者に委ねられる」

カナタ
「これ以上、みんなを悲しませないために、月晄炉の力を借りよう」
「大丈夫、僕たちは間違ってないよ」

カナタが起動スイッチを押すと、みんなに異変が。

 

月晄炉から力が流れ込んでいるらしく、全員ピッカピカに光りだしました。
そしてそれが収まった時、完全に破壊されたはずの機装が修復されていました。

LOST SPHEAR

シェラ
「充填された月の力…」
「それにカナタの記憶の力が作用した結果なのか…?」

カナタ
「いや、これは……」

ヴァン
「なんにせよ、これで1年待つ必要もなくなったってわけだ」
「カナタ、早いとこ、地上に戻ろうぜ!」

カナタが何か言いかけましたが、とりあえず報告へ行くことに。
(カナタの力じゃないのかな?)

 

 

 

――それから数日後。

LOST SPHEAR

オバロ
「しかし、信じがたいな」
「封印兵器オメガレイをほんの数日で完成させるとは」

シェラ
「設計図が揃ってからまだ5日だぞ?」
「いくら先行していたとはいえ、驚異的すぎる」

ルミナ
「そばで手伝ってたあたしでさえ、不思議って感じなんだから!」
「まるで何人もプラナさんがいるみたいな錯覚に陥るの」
「睡眠や食事だって、いつ、とっていたんだかって感じ!」

月晄炉から戻った後、プラナの手伝いをしていたせいか口癖がうつっているルミナ。
(ロックも一緒にやっていたが、こちらは大丈夫そう)

話をしているうちにプラナとゼムロードがやってきて、オメガレイはゼムロードの飛空艇に積まれたようです。
(ゼムロード専用の飛空艇とかあるんだ…)

LOST SPHEAR

ゼムロード
「準備は完了した、これより作戦を伝える」
「カナタ、お前たちは先行して浮遊要塞へ侵入し、クロムをおびきだせ」
「プラナは我が艦に搭乗し、場外で待機」
「お前たちのオメガレイ発射指示を待つ」

どうやって発射指示を伝えればいいのか聞くと、ロックからプラナの声が。

LOST SPHEAR

いつの間にかロックが改造されていたようで、人工声帯を操作して伝えているらしい。
逆にロックの耳に入った音はプラナの方に伝わるので情報の同期は問題ないんだとか。

ヴァン
「不気味すぎる…」
「他のやり方はなかったのか…」

これ、全て終わったら元に戻してもらえる…よね?
今後ロックが普通に生活する時この改造はプライバシーが…(´ω`)

 

 

ゼムロード
「もはや一刻の猶予もない」
「すぐに出撃できるか?」

カナタ
「とっくに準備はできているよ」
「装備も…心も…」
「行くよ、みんな!」

LOST SPHEAR

強制的に浮遊要塞ダーカ・ヴェナスへ出発。
まだ、心も装備も準備整っていないんですけど!?

ゼムロードの飛空艇(黒っぽいやつ)は少し離れたところで待機。
カナタたちの飛空艇は突入しますが、戻ることができるので(準備が足りないと思ったら引き返すのもありだ、とパーティトークで言われる)一度戻って準備後、再び突入。

 

 

 

前回クロムがいた場所より奥へ進んでいくと、突然目の前が爆発。
大きな機装が降りてきました。

LOST SPHEAR

シェラ
「みんな!構えろ!」
「オバロ…、こいつは…!」

オバロ
「ふむ、シェラ…」
「お主も感じるか?」

シェラ
「あぁ…コイツは危険だ」
「皆、気を引き締めろ!」

最強機装エンペラムと戦闘へ。

LOST SPHEAR

正面にいると貫通が当たってしまうので、端かエンペラムの横から攻撃した方がよさそう。
それとどの攻撃に対しても迎撃(カウンター)してくるのでHPに気をつけないと危険。

エンペラムのHPがあと少し!というところまで来た時、自浄(HP回復)してくる。

LOST SPHEAR

1度だけのようですが、全快なので全力で削った意味が…(´ω`)
(機装でガンガン削ったのに!)
やっと使い方がわかっていた機装だったけど、ENがなくなると攻撃ができないので結局最後は生身で倒しました(オバロがHPも防御も低めなので気を付けないとすぐ倒れちゃう…)

 

 

 

ヴァン
「よう…この間の礼を返しに来てやったぜ」

最奥でクロムと再会。
ついに決着をつける時が来た!

LOST SPHEAR

クロム
「愚かな生き物たちよ…」
「お前たちにはこの世界の最期を見届けると言う大切な使命を与えたつもりだが?」

カナタ
「終わらせない…」
「僕たちが希望であり続ける限り!!」
「プラナさん、用意は!?」

プラナの声
「大丈夫!ちゃんと捕捉してるって感じ!」
「エネルギー充填120%、座標補正完了…!」
「いくよ!」

ゼムロードの飛空艇からオメガレイが発射されたらしく、クロムへ攻撃が。
「巻き込まれないようにね」と言われていたような気がするんですが、攻撃が来ている間、カナタたちは機装に乗り込むことなく見守っていました(そこは機装に乗るべきじゃ…)

LOST SPHEAR

クロムを守る障壁が歪んでいるようですが…

カナタ
「やったか!?」

パリーン!といかないもんなんですね…

 

 

 

前:LOST SPHEAR #49
次:LOST SPHEAR #51

PS4ロストスフィア
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。