LOST SPHEAR #48「もふもふ守護者」

お城に入ろうとした時、父上(本物)登場。
「お久しぶりです」と挨拶するヴァンに、「昨日会ったばかりではないか」とのほほんとしている父上(ツンデレ王子とは違い優しそう)
ロストしていた間のことは覚えていないようなので、王座の間でこれまでのことを説明することに。

LOST SPHEAR

国王ゴーファ
「まさか、世界がそのような事態に巻き込まれていたとは…」

カナタ
「古代の封印兵器…」
「それがどれほど危険なものなのか、それを本当に理解できているか」
「僕らはわかっていないのかもしれません」
「それでも…、僕らはクロムを、この世界のロストを止めたい!」

この国にある封印兵器オメガレイの設計図を貸してほしいと頼むと、国王は大書院の最深部に最重要文献が保管されていることを教えてくれました。

封印兵器の設計図もそこに移された、と歴代国王が残した記録に書いてあったのを見たが、そこには気になる一文が記されていたらしい。
『資格を求めし者、十の時の試練を与えん』と。

LOST SPHEAR

国王ゴーファ
「これがなにを示しているのか…王家にも伝えられておらん」
「我が王家が封じてきたものに触れようというのだ」
「厄災が降りかかるかもしれぬ」
「それでも行くか?」

ヴァン
「……行きます」
「その先に希望がある限り、自らの歩みを止めることは二度としない…」
「それがカナタと、ここにいる者たちと旅をしてきて私が辿り着いた『生き方』です」

国王ゴーファ
「よかろう」
「グレイシア国王ゴーファの名において、大書院への立ち入りを許可する」
「なお、王家の者がいなければ最深部までは入れぬ」
「気をつけて、入るがよい」

王家のカギをもらったので、王場内の西側にある大書院へ。

LOST SPHEAR

シェラ
「ここに漂っている空気…肌に突き刺さるような邪悪さだ」

ディアント
「我も感じている」

大書院って邪悪なものなの(´ω`)?
扉も前でそんなに感じるのに、すぐ横で見張りをしている兵士は大丈夫なのかな。
(普通の人には感じないなにかだったら平気…なんですかね)

ルミナ
「資格を求めし者、十の時の試練を与えん、ってなんのことだろうね?」

ガルドラ
「資格を求めし者…、これは間違いなく設計図を欲する者、つまり私たちのことだな」

『十の時の試練』とはなんなのか。
10個の試練?とルミナが考えていると、オバロは『時』という言葉にひっかかるらしく時間経過を指しているのでは?と答えました。

LOST SPHEAR

ヴァン
「いずれにせよ……」
「呪いだろうが災いだろうが、今のオレに恐れるものはない」
「この国をもう二度と消させはしない、今度は絶対にオレが守り抜く」

ロック
「オレたちが、だろ?」

ヴァン
「そうだったな」

 

 

 

LOST SPHEAR

2つの台座と奥に開かない扉(妙な力で封じられてる)を発見。

台座には文字が刻まれていました。
左『ちしき と けいけん むそう の やいば なり』
右『いにしえ の ちえ みらい を いぬく』

扉を開けるにはこれが関係していると考えたカナタは、扉をぶっ壊して進もうとするヴァンを止め手がかりを探してみることに。
(いつの間にか何でも破壊して進もうとするようになったな、ヴァン…)

左の方へ行ってみると『戦士の像』『剣豪の像』を入手。
像の説明文に『経験と知識』と書かれていた剣豪の像を左の台座に置いてみると、右の通路が開き行けるようになりました。

 

LOST SPHEAR

右の方では『賢者の像』は台座にあったものの、正解と思われる『狩人の像』はありませんでした。
隔離された部屋なのに消えたということは、誰かが持ち去ったということ。
ここには誰も入れないが、魔物はいる。
つまり、興味を持った魔物が持っていってしまったらしい( ºωº )

手あたり次第魔物を倒せば見つかるかと思いましたが、いかにも怪しい魔物を発見。

LOST SPHEAR

コウテイという名前のペンギンみたいな見た目の魔物。
この場所で見かけない魔物だったので倒してみると『狩人の像』を持っていました。
(最初レアかと思って急いで倒したんだけど…まさかコウテイって歴代の国王…)

 

LOST SPHEAR

右の台座に『狩人の像』を置いたら封じられていた扉が開きました。

まだ使ってない像が2つあるので、同じような謎解きが待ってると思いきやセーブポイント。
その先にはボスが(もう探索終了…?)

 

LOST SPHEAR

ガルドラ
「まさか、大書院の中にこんな化け物が潜んでいたとは…」

カナタ
「王家の人間があえて、この魔物をここに置いていたのなら…」
「ここには守られるべき大事なものが収められているということさ」

オバロ
「この魔物が守護者代わりというわけか」

ヴァン
「だったら……負けるわけにはいかないな」

LOST SPHEAR

戦ってる最中は気づきませんでしたが、右上に『残り〇〇回』という表示
最初は『残り10回』でしたがボスのネクロノミコンが行動すると減っていきます

国王が言っていた『十の時の試練』というのはもしかしたらこの表示が0回になる前に倒せってことなのかも。
全く気付いてなかったので普通に戦いましたが、『残り8回』で倒せてしまったのでよくわからなかった…。
(ここまで楽に来れるレベルなら全然苦戦しないと思います。全く強い感じしなかった)

 

 

前:LOST SPHEAR #47
次:LOST SPHEAR #49

PS4ロストスフィア
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。