LOST SPHEAR #3「再戦!」

ボスに勝てる気がしなかったので、レベル上げを兼ねて他のダンジョンをウロウロ。
しかし、あまり経験値が稼げずLV7→LV8にしか上がりませんでした(´ω`)

ちょっと不安だったので、エルの町で料理を購入。
『ブリリン鳥の唐揚げ』(最大HP上昇)を食べて再戦!!

LOST SPHEAR

息を吸い込むで近くに寄せ、範囲攻撃をしてくるので
できるだけみんな離れて攻撃。

ボスが行動してから行動すると、息を吸い込むで近くに寄せられる→離れて攻撃ができるので
ボスの攻撃を受けずらくなって死なずに倒すことができました(∩´∀`)∩

息を吸い込むから攻撃までが速いので、先に攻撃するより相手の行動を見てから動くほうがいい気がしました。

LOST SPHEAR

倒した後、カナタの力が増したようで新たなアーティファクト
『魔眼の灯台』『魂の聖域』『ゾーンゲート』の知識を得ました。
またアーティファクトが作成できる場所を見つけたら作ってみよう!

ルミナ
「ねえ、カナタ……」

少し気になったことがあって、と話し始めたルミナ。
「人や物、場所がロストしたのは見たけど、魔物はロストするのかな?」と聞いてきました。

ロックは「するんじゃない?」と即答。
それに対し「相変わらず考えなしだな」と突っ込むヴァン。
ガルドラは「興味深い観点だ」と感心。

ガルドラ
「言われてみれば、魔物のロストはついぞ見たことがない」

ロック
「そうかなあ?」
「きっと、おれたちの知らない所でロストしてるんじゃない?」

ルミナ
「そうね……そうかもしれない」

カナタは何も答えず。
なにか言ってあげてよ~カナタに聞いてたのに(´ω`)

LOST SPHEAR

そこへディクルさん登場。
「これで帰ることができます」と喜んでくれました。
お礼に、と小さなテラマイトまでくれました。

ディクル
「これで家族のもとに帰れるものなら安いもんです!」
「ヤッホー!うちに帰れるぞ!私はなんてツイているんだ!

ダッシュで帰っていくディクル。
そんなに嬉しかったのか…頑張った甲斐がありましたわ(´ω`*)

 

それを見届けた後、カナタたちも出発。
するとなにかロストしているものを見つけました。
この形は……袋?

LOST SPHEAR

カナタ
「あれ?これって…なにかがロストしている」

ガルドラ
「樹木や岩ではなさそうだが……」

ロック
「あ!おれわかっちゃった!」
「これたぶん、ディクルさんの道具袋だな!」
「カナタ、アレやれよアレ!」
「再生して、次会った時に返してやろうぜ!」

道具袋『木の記憶』『細工の記憶』『鉄の記憶』で再生できるらしい。
全部持っているので、再生開始!

しかし、袋は再生されることなく消えてしまった!

LOST SPHEAR

ヴァン
「おい、どういうことだ!?」
「ロストの再生に失敗するなんてことがあるのか!?」

カナタ
「し、知らないよ!僕にも分からない!」
「なにをそんなにムキになってるんだ!?」

いつもクールなヴァンがムキになるなんてどうしたんだろう?

LOST SPHEAR

カナタ
「あれ…ディクルさんからもらったテラマイトが…消えた…?

道具袋が消えたのと同時に、テラマイトまで消えてしまったようです。
何が起きているんだ…( ゚Д゚)

ロック
「まあ、消えたのがおれたちの誰かじゃなくてよかったよな」

ルミナ
「やめてよ、ロック。急に怖いこと言わないで」

怖いこと言わないでロック…!
フラグになりそうだから言わないで…!

LOST SPHEAR

ロストの先…?
ヴァンはやっぱりロスト現象について何か知っているのかな?

ガルドラ
「ともかく、消えてしまったものを今ここで探している時間はない」
「まずは帝都へ急ごう」

 

 

 

前:LOST SPHEAR #2
次:LOST SPHEAR #4

PS4 ロストスフィア
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。