LOST SPHEAR #26「ユージュの川の色おかしくない?」

村へ行く前に法石柱を見つけたので起動しておきます٩( ‘ω’ )و

LOST SPHEAR

機装スクトルム(ディアントの機装)の封印されし力が目覚めました。
ディアントも機装持ちだったのか…ほんと機装って何なんだろう?
オバロやディアント、シェラは機装に変身してるように見えるし…ただの乗り物じゃないのか。

 

 

LOST SPHEAR

安寧の村ユージュに到着。
なんか川の色がおかしい気がするのですが…大丈夫かこの村。

 

LOST SPHEAR

ヴァン
「なんだこの小川」
「薄気味悪い色してるな」

シェラ
「人を見かけないことと言いこの川の色といい、なにか妙だな」

近くにいた第一村人に話を聞いてみると、この村では熱病が流行っているらしい。
しかしガルドラさんを休ませないといけないので、とりあえず宿屋へ向かうことに。

LOST SPHEAR

宿屋なのに病人がいっぱい寝ている…カーポさんも咳をしているし、流行り病はひどそうだ。

ヴァン
「どうした、大丈夫か?ここは宿屋か?病院か?」

カーポ
「一応宿屋のつもりだけど、最近は自信ないね」
「村中に流行り病が蔓延して、今じゃどこも病人だらけさ」
「悪いことは言わない、早めに旅立ったほうが無難だよ」

とりあえず空いているベッドにガルドラさんを休ませて、作戦会議。
ルミナがガルドラさんについていてくれるそうなので、他のメンバーで村の様子を見て回ることにしました。

LOST SPHEAR

村中の人が病にかかっている中、平気な人を発見。
彼は職業柄色んな薬を調合しているため、たまたま発症を抑えているらしい。

ヴァン
「霊薬はどうした?あれでもダメだったのか?」

クーツァ
「おや?この村の霊薬を知ってるのかい?」
「たしかに霊薬ならなんとかできるかもしれない」
「ただし、それも調合できれば……の話だけど」

霊薬は神樹のまわりに群生している特別な薬草から作ることができる薬。
神樹の洞くつの奥に神樹があるのだが、その洞窟はいま魔物の巣窟になっていて誰も近づけないんだとか。

 

LOST SPHEAR

村長ケンベー
「ひどい熱病でな。ノドと胸をやられて苦しくてたまらん」
「村中に蔓延して、今はみんな死を待つばかりだ」

これは天罰で自業自得、治すことはできないと諦めている村長さん。

詳しく聞くと、帝国の無害な廃棄物をこの村に受け入れれば大きな収入が得られると言われ受け入れたが、取り決められた金額は一度も支払われることはなく、村には熱病が蔓延し自然もどんどん破壊されてしまったんだとか。

LOST SPHEAR

村長ケンベー
「あの時、あんな男の言うことに耳をかしたばかりに……」

カナタ
「……あんな男?」

村長ケンベー
「この辺りでは見慣れない格好の男が村を訪れての」
「その男は帝国から依頼されて広大な土地を探しているという触れこみだった」
「わしはその男の話を信じて取引の一切を任せてしまった」

帝国領地にも広大な土地はありそうなのに、わざわざここを選んだってことは帝国は有害と知っていたんじゃ…。

その見慣れない格好の男は口達者で軽薄そうだったらしい。
シェラには思い当たる男がいるようだけど…もしかして…ソーダス(´ω`)?

 

 

一通り話を聞いたので一度、宿屋へ戻ることに。

LOST SPHEAR

ガルドラ
「そこにいるのはカナタか?」

意識が戻ったガルドラさんですが、まだしばらくは安静にしていた方がよさそうです。
(鎧脱いだ方が休めそうだけど大丈夫かな)
話はできそうなので、ヴァンがギアについて尋ねました。

ガルドラ
「アレか……」
「帝国軍が開発した、対魔物用の最新の人形兵器ギアロイドだ」
「兵士たちは単に人造人間と呼ぶことが多いが」
「生物工学による強化はもとより、機装の技術も組み込まれている」

ヴァン
「テラマイト兵器といい、帝国は平和の維持より破壊を優先してるんじゃないのか?」

ガルドラ
「………」

LOST SPHEAR

ガルドラ
「私からもひとつ尋ねたい」
「きみたちは帝国に対抗する力としてグレイシア王国の力を借りようというのだろう」
「だが、知っているのか?」
「王国の首都マシェがすでにロストしているという事実を」

え――( ゚Д゚)!?
それじゃあ協力を得るもなにもないんじゃ…
あ、でもカナタが再生すれば問題ないね!(再生できる…よね?)
再生できれば、王国はカナタにお礼として協力してくれるかもしれないし!

ガルドラ
「……どうする?」
「それでもまだ無意味な逃避行を続けるつもりか?」
「帝国軍に投降すれば、私がきみたちの弁護を約束しよう」

LOST SPHEAR

カナタ
「いや。それでも僕たちは行きます。王都マシェへ」
「僕なら王都のロストを再生できるかもしれない」
「その可能性が少しでもあるのなら、僕たちは前進をあきらめない」

カナタたちの気持ちが伝わったのか、ガルドラさんは「ならばもう、なにも言うまい」と説得をあきらめてくれたようです。
最後までカナタたちを想ってくれてるガルドラさんはやっぱりいい人だ(´ω`*)

 

 

前:LOST SPHEAR #25
次:LOST SPHEAR #27

PS4ロストスフィア
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。