LOST SPHEAR #16「夜が来たー!」

早速、資料を読んで結晶化を集める作業へ。

LOST SPHEAR

『帝都南西にある柱がロストした時期と、光が失われる現象の伝承がなくなった時期は一致することがわかった。このことから帝都南西にある柱がロストしたため、この現象は消失したと考えられる』

帝都南西の柱を再生すれば夜が復活する、ということですね。
無事、結晶化に成功しここから『時の記憶×1』をゲット。
この調子で他からも集めていきます٩( ‘ω’ )و

 

LOST SPHEAR

『世界にはかつて周期的に光が失われる現象があった。超古代の遺跡を研究するにつれ、実際にあったと確信するに至った。』

 

LOST SPHEAR

カナタ
「……あ」
「見なかったことにしておこう」

資料の中にはフレッカールさんの趣味も混じっていたのかな?
どんなものが置かれていたのか気になりますな|ω・)

 

LOST SPHEAR

『文献によると、光が失われる現象は機甲人文明期にはまだ存在していた。機装などの技術が発達した背景に、光が失われる現象への脅威があった可能性は否定できない。』

『日没の記憶』『夜の記憶』の結晶化に成功したところで、資料から得られるものはもうなさそうです。
学者さんからも話を聞いてみることに。

フレッカール
「お、いい情報が得られたって顔だな!」
「なかなかの古代史好きだね、君ぃ!」
「それじゃあ…とっておきの話を聞かせてあげよう

LOST SPHEAR

フレッカール
「謎の柱は1本だけではない!」
あの柱のほかにもあるのだ!」

『日の出の記憶』ゲット!

フレッカールさんは帝都南西にある柱1本だけで全てを司ってるとは思ってないようです。
色々な古文書を読んで、他にも『失われたモノ』があると思っているらしい。
その辺りについての論文をいま、まとめているのだとか。

オバロが帝都南西にある柱が時間を司る『時の法石柱』で、同じような法石柱は全部で8つあるといっていたしフレッカールさんの考えてることは当たってるのでしょうね。
『火・水・風・土・雷・時・天・冥』の8つらしいが、いくつロストしてるんだろう?

 

 

時の法石柱を再生するのに必要な記憶はそろったので、ロストした柱を目指して南西へ。

LOST SPHEAR

初めて帝都に行くときに見た不思議な柱。
これが時の法石柱だったのか!

『そびえたつもの』という名前だったので、なにかと思ったら…
とても重要な柱だったんですね。

早速カナタのチカラで、世界に夜を再生します…!

LOST SPHEAR

ルミナ
「やったね!」
「ロストから再生したよ!」

オバロ
「よくやったぞ、カナタ!」
「では続けて、時の法石柱に触れて起動するのだ」

 

LOST SPHEAR

おぉぉー! 夜になった!

ルミナ
「な、なにこれっ!?」
「本当に、世界の光が消えたよ!!」

ヴァン
「これが、『夜』なのか……!」

初めての暗さに、オバロ以外はびっくりしているようです。
これで潜入しやすくなったので、急いで監獄棟に向かうことに。
いきなり夜になって、現代の人たちはパニックになってないかな…?

 

 

LOST SPHEAR

気になったので街にいる人たちに話しかけてみましたが、誰ひとり夜に驚いていなかった…
みんな連行されてた人(逢魔の民)のことや、いつもと違う軍人の動きの方が気になっていた様子。
生まれて初めての光が消えた時間のはずなのに、みなさん冷静すぎぃ…

誰も慌ててないことにちょっと寂しさを感じつつ、目的の監獄棟へ。
ここの兵士さんたちも夜には興味がないようで…(´ω`)

 

LOST SPHEAR

カナタ
「あそこから潜入できそうだ」

監獄棟への入り口は、正面のここしかなさそう。
見張りは1人だけど、近づくと追い返されてしまうのでどうしたものか…。

オバロ
「見張りの目をそらさないと、潜入は難しいな」

ヴァン
「その程度なら、オレがやってやる」
「奴の気をそらせばいいんだな」

ここは2人ずつ潜入班と囮班に分かれるのかと思ったら、突然武器を取り出し壁に攻撃をしたヴァン。

LOST SPHEAR

配管に穴を開けたのか、煙が勢いよく吹き出し見張りの気がそれました。

ルミナ
「むちゃくちゃするわね…」

ヴァン
「だが隙はできたさ」

カナタ
「よし。今のうちの忍び込もう」

見張りのパーテイさんに話しかけると、「誰か修理できそうな人を呼んできてくれ!」と慌てていました。
ごめんね、パーテイさん…それはできないっさらば!!

 

 

入ることに成功したので、さくさく逢魔の民の所まで行けると思ったら大間違いでした。

LOST SPHEAR

やっぱり中の警備も厳しいようで。
見張りの兵士に見つからないように先へ進まないとダメみたいです…。

見つかると戦闘になるわけじゃないので(少し前に戻されるだけ)気は楽ですが、ちょっとめんどい。
こういうの苦手なので何度か見つかりつつも、なんとか牢のある場所まで行くことができました。

 

しかしそこにいたのは逢魔の民ではありませんでした。
どこかで見たことのある人だけど…

LOST SPHEAR

カナタ
「ディクルさん!?」

採掘士ディクル
「おおっ!きみたちは以前、風流しの渓谷で助けてくれた…」

お久しぶりですーって、なんでここに!?

ディクルさんがいうのは、なぜここに連れてこられたのかわからないらしい。
家に帰ったら帝国軍が押しかけてきて、連行されてしまったんだとか。
カナタたちと谷で会っただけで悪いことをした覚えはないそうだけど…

え、帝国軍って罪のない人も捕まえるような悪い人たちだったの…?

 

 

 

前:LOST SPHEAR #15
次:LOST SPHEAR #17

PS4ロストスフィア
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。