LOST DIMENSION #6「ジ・エンドと対決」

第4階層で2人をイレイズしたショウたち。
残った6人で次の階層を目指す。

最終階層 次元の狭間

ジ・エンド
「ようやくたどり着いたようだな。最後のフロアに」

ショウ「ここが最後のフロアなのか?」

ジ・エンド
「同じだったな。
結局貴様は生き残る。過去となんら変わらない結果だ。
貴様はいつだって、他者を消すことを選び自分が生きる道を勝ち取る

ショウ
「なにを言っているんだ?」

ジ・エンド「世界なんてどうでもいい」

「ただ俺は、貴様が許せない」

ショウがなぜそこまで自分に殺意を向けるのか聞くが、答える気はないようだ。
ここが最後のフロアなら、ジ・エンド本体が近くにいるはずなのですぐ行ってお前を倒すとショウが宣言。

残ったほかの仲間たちと共に先へ進む。

今までの階層はサブクエストとメインクエストが3つずつ出現したがこの最終フロアではサブクエストは3つ、メインクエストは2つだった。

そのメインクエスト2つ目がジ・エンド討伐。

ジ・エンド討伐ミッション

全員分の装備が整わないままだが、挑戦してみることに。

ジ・エンド「来たか」

「選び取る立場は常に楽だろう。選ぶ側にいるということ。
それはすでに選ばれていることに等しい」

ショウ
「なにが言いたい?」

ジ・エンド
「存在そのものが選ばれし者。それはお前だ。
…だからこそ、俺は貴様が許せない。
ただ選ばれたというだけで生きる権利を得た貴様が憎くて仕方がない。
選ばれなかった俺は…!

ジ・エンドは世界を滅ぼすことに興味はないし、人間の未来などどうでもいいらしい。
ただ、ショウの苦しむ姿が見たかっただけだという。

ジ・エンド
「俺は絶対に許せない。貴様という、生きる権利を保障された人間を!

どんな手段を用いても、死ぬことを運命づけられた人間の絶望をわからせたかったようだ。

ジ・エンド「何度でも世界を壊そう」

ヒメノ
「狂っているわね。こんな奴に、負けるわけにはいかない」

トウヤ
「復讐か…わかるようでわからない動機だね」

マナ
「世界を巻き込んだ復讐とはスケールが大きすぎやわ。
その分広がった怒りはウチが代表してぶつけさせてもらうわ」

ソウジロウ
「世界を壊すほどの復讐の動機ですか。
少々興味がありますが…きっとまともな返答は返ってこないのでしょうね」

ゼンジ
「復讐なんざ、テメェの範囲で勝手にやれ!
周りまで巻き込んでんじゃねぇ!」

ショウ「これが最後の戦いだ」

「やるぞ、みんな!」

ということで戦闘開始。
ジ・エンド以外の敵は現れず、本当にジ・エンド1人vs6人。

ジ・エンドは刀使いのようだが、攻撃範囲が広く全員攻撃すると必ずカウンターされる。
ゼンジがフルオーダーでVIT(防御)を上げてくれていてもかなり痛い。
しかも2回攻撃なので瀕死になる(´ω`)

半分削ると会話が発生。

ジ・エンド「みんな同じ施設にいたんだ」

「滅びの免れない世界を救うため、研究者たちはフェイタルマテリアを人間の体に埋め込むことを発案した」

フェイタルマテリアは人間に移植することでのみ力を引き出せることがわかり、埋め込む被験者に選ばれたのが12人の子ども。
それがショウたちSEALEDとジ・エンドだった。
みんながギフトを使えるのはフェイタルマテリアを宿したことによる副産物らしい。

ジ・エンド「他者を選り分ける役目となったのがショウ」

過去にみんなが一緒に過ごしたことを覚えていないのは、世界の分断と再構築に成功した後、全員記憶を消されたかららしい。
けどそれならなぜジ・エンドは覚えているんだろう…?

このピラーはアナザーアース計画のために造られたもののようだ。

ジ・エンド
「コアマテリアの力を利用し、ふたつの世界の矛盾を指し示す特異点を具現化したもの。
お前たちが繰り返してきたジャッジはそもそもは新しい世界を作り出す際にマテリアを宿した子どもをその世界に送り出すための装置なんだよ」

「ショウ、貴様の罪の重さを自覚したか?」といわれても、急に色々言われて理解が追い付かない…。
つまりどういうことなのさ…。

詳しく教えられないまま、戦闘は続きジ・エンドの討伐に成功。
運よくソウジロウがジ・エンドを眠らせてくれたのであっさり。

ショウ「やったか!」

ジ・エンド
「これで貴様は、世界を救った英雄というわけか」
「だが…忘れるな。貴様の希望の裏で絶望し、息絶えた数多の命が存在することを

ショウ
「…どういう意味だ?」

ジ・エンド
「貴様は確かに英雄だ。多くを救い…だが、多くを殺した

ジ・エンド「裏で消えていった命に呪われ醜く生きろ」

ジ・エンドの最後の言葉に自分たちは勝ったのか少し不安になりつつ、みんなで帰ることに。

 

俺たちは勝利した

「世界は平和になった…はずだった。
なのにどうしてか俺は、ジ・エンドの最後の言葉が気にかかっていた」

『貴様は確かに英雄だ。多くを救い…だが多くを殺した』

「その言葉の意味を…俺は知らない。知る術もない。
だからわかるはずもなかった。
俺たちの勝利の裏で本当に多くの命が消えていったことなど」

どこかの星に隕石衝突?

突然ショウが見たヴィジョンのようなもの。
どこかの惑星に隕石が衝突…?

「俺たちは知らない。この先も知ることはない。
この勝利の裏で犠牲になった数多の命のことを。
俺たちの、背負った勝利という罪の重さを…」

全ての絆が集まるとき、因果の鎖が解き放たれる

 

ここでロストディメンションは終了。
なんともよくわからないまま、終わってしまった…(´ω`)

SEALED全員と絆を結ぶと真ENDが見れるとかそういうことなのかな。
1周目で絆を結べたのは7人。
あとはジョージとヨウコ、マルコの3人だけなので2周目でいけるかなぁ。
1階層目で裏切られたら困るんだけどそこだけ不安。

入れない扉などもあったので、入れるようになるといいんだけど…。

それにしても、仮に2周目前提としていたとしてもちょっと謎残しすぎのような。
もう少し1周目でも理解できるようにしてくれてあって、2周するとより理解できるよ!というような感じだったらよかったなぁ…

ということで、2周目に続く!
絆を結べてない3人が裏切者になりませんように…!

LOST DIMENSIONPSvita
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。