LOST DIMENSION 2周目 #10「絆complete、そして最後のジャッジ」

ソウジロウをイレイズし残った8人。
第4階層では裏切者が2人のはずだが裏切者ヨウコがいる場合、どうなるんだろう…。

第4階層 文明の記憶

どんな条件なのかよくわからないが、仲間と話をしていると現れる少年。
この階層でもまた、突然…。

??「こんにちは」

ショウ
「ようやく来たか。お前には聞きたいことがたくさんあるんだ。話してもらうぞ」

???
「今日はそうだね…少し世界のことについてお話ししようか。

あなたたちが生きる世界はね、とても微妙なバランスの上に成り立っているんだ。
なにかひとつでも大きな事象が起きればすぐにバランスを失い崩壊してしまうようなそんな繊細な存在なんだよ、世界っていうのはね。

だけど世界はこうして存在し続けている。
それはね、世界にはバランスを保って崩壊を防ぐ抑止力が存在するからなんだ。
抑止力は12の石の姿をし、世界を守り続けていた…

その石の名がフェイタルマテリア。運命を司る守護の石。
力は働いたことを気づかせることなく世界を導いていたらしい。
世界を守るために。

いま機能していないのはなぜか

「世界は今まさに、ジ・エンドによって滅亡の危機に瀕しているんだぞ」

???
「その答えはすごく難しい。
マテリアは今まさに機能しているとも言えるし、機能していないとも言える。
今この世界にはね、フェイタルマテリアとかつて呼ばれた12の石は存在しないんだ

”石”は姿を変え”意志”となった…

???
10年前、人間は世界の抑止力たるフェイタルマテリアを手にし、それを埋め込んだんだ。
人間に…子どもたちにね。
マテリアを埋め込まれた子供たちはその奇跡の恩恵を受け人を超えた特殊な力を身につけた」

ショウ
「まさか…」

???
「そうさ、あなたたちだ。
あなたや、その仲間たちはみんなフェイタルマテリアを埋め込まれた奇跡を宿した人間なんだよ。
いずれ君も知るときが来る。自分に課せられた運命と、その罪の在りかを」

そう言って、また消えてしまった…
フェイタルマテリアは12個。仲間は11人。あと1人は…?

 

絆complete!

絆complete

この階層で、残ったメンバーの絆が解放。
残っていたヨウコ・マルコ・ジョージもそれぞれキャラクタークエストをクリアすればcomplete!

これでジ・エンドを倒せば何かが変わるのかな…?

 

最後の裏切者探し

この階層で最後のジャッジがあるはずなので、何度もクエストをクリアしていったのですがなにかおかしい…。

いままで、不審な声を出す人は3人いて、それは1周目の4階層でも変わらなかった。
だけど、どうやっても不審な声が1人見つからない(´ω`)

不審な声は2人

ヨウコはきっと裏切者なので不審な声を出すと思っていたが、他にナギしかいない。
もしかして、ヨウコを残すためにイレイズしたヒメノがここで不審な声を出すはずだった…?
だとしても、もう1人出すよね…?

ヨウコとナギ以外は味方ということはわかったので、確認のためナギを調べてみる。

ナギは裏切者

『誤っていたのは私のほうだ』

ナギ、1周目でも4階層で裏切者になったけど今回もか…
この階層はヨウコとナギが裏切者で決まりだな~。

 

謎の少年、また現れる

1つの階層で1回しか出てこなかった謎の少年がまた出てきた。
ショウは「そろそろ来る頃だと思っていたぞ」と言っていたので予知していたのかな。

??「10年前の話をしよう」

「10年前、権威ある天文学者がひとつの発見をした。
それは、とても巨大な隕石が地球に近づいているという事実。
その隕石は10年後、確実に地球に衝突することが分かった

ショウ
「ちょっと待て。10年後ということは…」

???
「そう、隕石の落下はまもなくだ。
圧倒的な質量を宿したその隕石により、世界は…終わるのさ」

ショウ
「そんなはずがない。そんな隕石の存在なんて俺は聞いたことがない。
隠蔽していたとしても隠し通せるものじゃないだろ」

???
「あなたが隕石の存在を知らないのは当然さ。隠蔽する意味もありはしない。
だってあなたの世界に隕石は落ちては来ないんだから。
あなたは多くの仲間たちと心を通わせてきたはずだよね。
だったらもう気づいてもいい頃だと思うんだけどな。

『世界はね…ひとつじゃないんだよ…』

滅びを免れた世界…滅びを待つしかない世界…運命は残酷だね。
いや、本当に残酷なのは運命を分けた人間か」

強大な破壊に対してフェイタルマテリアも星を超越した力には対抗できなかった。
だけど、10年後にやってくる絶望をただ黙って受け入れられなかった人間は必死に抗った。
そして、闇の奥底に眠る、禁断の光を見つけた。

その光とは新たな星の構築。
滅びゆく世界と全く同じ構成をした、滅びの来ないもう一つの世界を創り出す。
それが人類の選択だった。

ショウ「そんなばかな!」

???
「馬鹿げた発想だよね。
でも実現は可能だったのさ、世界を守護してきた奇跡の力、フェイタルマテリアと…
その根源とも呼ぶべき奇跡と矛盾を内包し打ち消す力”コアマテリア”があれば…ね」

世界を救うために12のマテリアは人間に埋め込まれ、コアマテリアはふたつの世界を結び、切り離す契りへと姿を変えたらしい。
運命の塔、ピラーへと…。

???
「あなたはもう十分に人と繋がってみせた。そんなあなたなら奇跡を起こせるかもしれない。
どうか…救ってほしい。世界から生きることを拒絶された悲しき宿命を持つ男を…
生きることを許されなかったその怨念を…受け止めてあげてほしい」

ショウ
「待て!話はまだ終わっていないだろ!」

???
「僕はもう…行かなきゃ、待っていなきゃいけない。
死と絶望に選ばれるその瞬間を…また…会えるかな」

やっぱり少年はジ・エンドっぽい。
ジ・エンドだけは生きることを許されなかった…のかな?
まだまだわからないことがいっぱいだ(´ω`)

 

ジャッジルームへ

最後のジャッジ

ジ・エンドの元へ行くために、最後のジャッジへ。

最初に選ばれたのはナギ。
キャラクタークエストをクリアしなかったからなのか、1周目とは違い1人しゃべりだった。
ナギが裏切者1人目

「私は私の選択に悔いはない」
「…自分の正義を貫いた末の選択だから…」
「悪としてこの身を散らすことになろうと、これが…私の生き方だ」

ナギがイレイズされた

「貴様らには、もうひとり選んでもらう」

やっぱり、もう1人もイレイズしないといけないようだ。
次に選ばれたのはヨウコ。

ヨウコがイレイズされる

「最後までみんなを…ショウをだまし続けられるとは思ってなかった」
「あなたが世界を救った後、少しでもあたしのこと想ってくれるなら…」
「いつか作ってほしいな。あなたの想いを込めたあたしへのレクイエムを…

ヨウコがイレイズされた

これでもう裏切者は1人もいない…よね?
不審な声が足りなかったことが気になるけど大丈夫なはず。
いざ最終決戦へ!

LOST DIMENSIONPSvita
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。