ファイアーエムブレムEchoes #32「ジークが仲間になった!」

アルム編。
どうなるか気になるのでジークの待つ村へ。

4章 悲しみの大地

リゲルの村

ソフィア解放軍がいきなり村に来たら怖がられるか、出ていけと言われるか…
覚悟していたが、村人たちはアルムたちを歓迎してくれた。

ジェロームやヌイババから解放された喜びと、ジーク将軍への信頼が伺えた。
皇帝もドーマ教団も助けてくれなかったが、ジークだけは戦ってくれていたらしい。
どこの誰かなんて関係ない、と言っていたがジークはリゲルの人間ではないのか…?

 

ジークを探して広場に来てみたが、ここにはいなかった。
しかし、学者風の男の姿が。

リゲルの村

「神々の食物といわれる大変貴重な食べ物です。
一説では、リゲル帝国のどこかにある賢者の里でのみ作られるとか。
しかし私は長年の研究により…謎に包まれた『アンブロシア』の製法を発見したのです!
……どうです?あなたも食べたいでしょう。
材料は『発酵乳』『ドーマのコケ』そして『オレンジ』
これらをご用意いただければ『アンブロシア』を作ってさし上げますよ

学者風の男ってソフィア城にいたとき、ひどい目に合ったからな…。
別人かもしれないけど、警戒してしまう。
それにドーマのコケは持っていないので…すぐには作れそうにない。

 

 

鍛冶屋に行くと、亭主さんが最強の盾を作ってくれるという。

リゲルの村

物理にも魔法にも高い防御力を持ち、傷も癒すという最強の盾。
それはぜひほしいが、作るには竜のうろこ×4が必要らしい。
そんなもの持っていないのですが…見つけたら絶対持ってくる!
(この村の先には呪われた竜の山があり、死竜が無限に湧き出ると言われているらしい。もしかしたらそこで手に入るかも!?)

 

 

民家1へ行ってみると、ジークが待っていた。
ここにいたのか…先に鍛冶屋寄ってきてごめんね(´ω`)

リゲルの村

アルム
「先ほどの話、やはり難しいのですか?」

ジーク
「ジェロームを討ってしまった以上、私はもうリゲル軍にはいられないだろう。
しかし、だからといって君たちに力を貸すわけにもいかない。
……私は、自分が何者か知らない。過去の記憶がないのだ。
わかっているのは、ひどい傷を負ってこの国に流れついたということだけだ。
しかし、そんな私を救ってくださったのがルドルフ陛下だった
素性を怪しまれ投獄された私に名前を与え、取り立ててくださった。
わたしにとっては、父親にも等しいお方だ。
結果的に裏切るような真似をしてしまったが…
君たちにつき、陛下に仇を為すようなことはできない

それじゃあ仲間にはなれないね…
残念だけど、事情が事情なので仕方ない。
アルムもわかりました、と去ろうとしたとき突然ジークに呼び止められた。

ジーク
「ま、待ってくれ、アルム!」

リゲルの村

アルム
「なにかはわかりません。子供の頃からあるんです」

ジーク
ルドルフ陛下は、かつて私にこう言われたことがある。
左の手に十字のあざを持つ者あらばその者にすべてを捧げよ。
その者こそリゲルを……そして、このバレンシアを救う選ばれし者なり、と」

それはどういう意味なのかアルムが訪ねると、ジークはわからないという。
しかし、それが陛下のご意志ならばとアルムの仲間になってくれた!
よくわからないけど、やったー(∩´∀`)∩

ジークはゴールドナイト
同じ職のクレーベとそんなに変わらないかな。
LUCは少し低め。

ちなみに前に仲間になったティータは聖女
回復できる人が増えたのでエフィはシスターにしなくてもよかったかな、とちょっと後悔中。

 

 

用事は済んだので村から出ようとすると、グレイが話しかけてきた。
アルムが何か悩んでいると、いつも話しかけてくれる優しい幼馴染。

リゲルの村

アルム
「僕のこの、左手のあざってなんなんだろうって思って…」

グレイ
「ああ、あのジークが言ってたバレンシアを救うってやつ?
また、すげえ使命背負わされちまったなぁ。ははっ…」

アルム
「そうだね……」

グレイ
「……え、もしかして本気にしてるのか?」

アルムは信じているわけじゃないけど、いまはソフィアを守るために戦っている。
それがバレンシアを救うことに繋がっているのかなと考えているようだった。

リゲルの村

「じゃあ、セリカもこの世界を救う選ばれし者ってことか。
お前たちが出会ったのも、運命なのかもしれねえな

アルム
「運命……」

グレイ
「だーかーら、いちいち本気にすんなって。言った俺が恥ずかしくなるだろ!

アルム
「僕とセリカの出会いが運命か……それは信じたい気がするな」

ほんとセリカのこと大好きなんだねぇアルム。

皇帝が左手のあざを持つ者がバレンシアを救うって言ってたけど、リゲルを救う、じゃないんだね。
ルドルフ皇帝は何が目的なんだろう…
アルムは皇帝の子っぽいけど、ドーマ教団に狙われないようにソフィアへ行かせたのかな。
悪い人に見えて、実はいい人だったり…?
けどソフィアからミラさま連れていっちゃったんだよね。
うーん、謎だらけ(´ω`)

 

 

 

前:ファイアーエムブレムEchoes #31
次:ファイアーエムブレムEchoes #33

FEエコーズ3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。