ドラゴンクエストXI #5「大樹に選ばれた」

犬のおかげで城下町に来れた2人。
城の近くに店を構えたらしいデクの元へと向かう…。

デルカダール

城下町・上層

民家の屋根に張られたロープを伝い、無事デクのいるお金持ちエリアに辿り着く。
最初に来た時、開いてなかったお店だ。

カミュ
「なかなかいい店じゃないか。一流の宝石…たとえばオーブなんかも扱ってるのか?」

相当怒っているのか棘のある言い方をするカミュ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「久しぶりだなぁ…」といいながらデクに殴りかかるが、いいタイミングでデクがカミュに抱き着いたため殴れなかった。

デク
「アニキー!無事でよかったずっと心配してたんだよー!」

本当に心配していたのか、離れろと言われてもなかなか離れないデク。
ちょっと可愛い(´ω`*)

カミュがオーブと俺を裏切ったのかと聞くと、カミュを助けるために店を始めたと言う。
デクは盗みの才能はイマイチだったが、商売の才能があったらしい。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「だからワタシ、オーブを拾ったとウソついて王様にオーブを返したのよ」

それでもらった賞金で商売を始め、稼いだ金を城の兵士にバラまいてカミュが早く出てこられるよう裏から手をまわしてたらしい。
カミュが牢の床に大きな穴を開けていても見つからなかったのはそのせいだったようだ。
さすがにあれだけ大きな穴開けてたらバレるはずだもんな(´ω`)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

誤解がとけて良かった。
殴ろうとしたけど外れててよかったね…デクも気づいていないようだし。

カミュ
「けどな…。これでオーブは行方知れずか…」

デク
フフフー。それなら大丈夫。ちょっと店の外までついてきて!」

自信満々のデクの様子じゃ、もしかして…?とちょっと期待してしまう。
なぜ外なのか疑問だが大人しくデクの後に続いて外に出ることに。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

デク有能すぎる(‘ω’)
こんなアニキ想いのデクを疑っていたなんて…。

オーブはグレイグ将軍が南のデルカダール神殿に移して厳重に守っているらしい。
神殿はここから南東、イシの村も同じ方角だそう。

「デクも一緒に来るか?」とカミュが誘うが、デクは商売を始めた後お嫁さんをもらったらしく、お店もほっとけないしと一緒には行けないという。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

達者で暮らせよ、とカミュ結構あっさり。
もっと驚いたり騒いだりするのかと思ったが…

デク
「アニキも元気でね。あと連れの人も…。ワタシの分もアニキのことよろしく」

デクすごく優しそうな人だった(お嫁さんもすごくかわいい人だった!)
カミュのこと慕ってる感じがすごくしたし、カミュもいいアニキしてたんだなぁ。
ちょっと2人の仲が羨ましい(´ω`)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

南の裏道を抜けて神殿へ向かうことに。
イシの村も神殿に行く前に寄れるらしい。

 

城下町・下層

町を出るために、下層に戻ってきたらまだ見張りの兵士が犬に吠えられてた…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

相当苦手なんだね…ちょっと可哀そうに思いつつ外へ。

 

ナプガーナ密林

デクが迷い込んだら二度と出られない、危険なジャングルといっていたので慎重に…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

魔物に交じって牛を発見。しかもしゃべる!
天気を教えてくれる牛のようだが…一体何なんだろう(´ω`)?

不思議に思いつつ先に進むと、キャンプを発見したので今日はここで休むことに。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「あれでオレと盗賊やってたなんてな」

デクの前では平気な顔していたカミュだけど、やっぱりちょっと寂しそう。
自分が牢にいる間に相棒があんなに(いい意味で)変わってたらねぇ…。

世界中駆けまわってた頃の思い出に浸っていたカミュが使えそうなお宝を思い出したらしい。
「いい物をやるよ。オレとデクとっておきの逸品だ」そう言って出してきたものは…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

でかい。

よくこんな大きい物、今まで持ち運んできてたな…。
レシピブックもくれて、これからキャンプ地に来ると鍛冶が楽しめるらしい。
カミュが持ち運んでくれるのかな、ありがたいけど…重くないのかな(´ω`)

 

一夜明け、イシの村を目指そうとしたがこの先の橋が壊れていて先に進めない。
ほかに向こう側へ行く方法がないか探してみることになった。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

すると見慣れない犬を発見。可愛い。連れて帰りたい(´ω`*)
なにか訴えかけてくるようにも見えるが…。
ついてくるので、一緒に先へ行くと大きなツタ?のようなものを見つけた。

シキが手を伸ばすと、アザと共鳴するかのように光りなにかの映像が…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

過去の出来事なのか、木こりのおじさんがいたずらデビルに犬にされた映像が見えた
ついてきた犬は木こりのおじさんだったのか…。

橋を直すには犬になった木こりのおじさんを元に戻すしかなさそう。
いたずらデビルは空の宝箱に隠れたようだったので、戻って探しに行くことに。
犬もついてくるかと思ったが、キャンプ地からは離れないようで見送られた…。

シキが手を伸ばすと、アザと共鳴するかのように光りなにかの映像が…。

本物の宝箱より大きくて、明らかに怪しい宝箱を発見。
キャンプ地へ行く前に見つけてたが、空だったので不思議だったんだよね。

シキが手を伸ばすと、アザと共鳴するかのように光りなにかの映像が…。

カミュ
「ふ~ん……で?」

塩対応のカミュにどうしてもびっくりさせたい、いたずらデビル。
突然ビームを飛ばすが華麗によけられてしまい「それで終わりか?」と更に煽られる。

いたずらデビル
「生意気なヤツらめ!ならオイラの強さでビビらせてやる!いくぞぉっ!」

シキが手を伸ばすと、アザと共鳴するかのように光りなにかの映像が…。

なかなか面白いデビルだった。

倒したことで、犬になっていた木こりのおじさんも元の姿に戻れたようでよかった。
(犬の姿可愛かったからすこし残念のような…)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

笑顔が素敵だったのでやっぱり元の姿に戻ってよかったわ。

橋の修理をお願いすると快く引き受けてくれて、終わるまで小屋で休んでいいと。
なのでお言葉に甘えて、休ませてもらうことに…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

次の日にはもう出来上がっていてびっくり。
しかも丈夫に仕上げたようだ。さすが木こりのおじさん、仕事が早い。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

木こりのおじさんによると、あれは命の大樹の導きらしい。
世界の真ん中に浮いてる大きな木が命の大樹
葉っぱの一枚一枚にすべての生き物の命を宿し、世界の調和を保つと言われる神木のようだ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「あの根は選ばれし者だけに大樹の意思を伝える」

マンプクのじいさまがその不思議な奇跡を、大樹の導きと呼んでいたそうだ。

マンプク(木こりのおじさん)
「あんた命の大樹に愛されてたんだな。髪の毛もサラサラだし羨ましい限りだべ

おじさんも結構サラサラヘアな感じするよ?
カミュはツンツンだけど。

今後、大樹の根っこのようなものを見つけたら触ってみれば何か見えるってことかな。
色んなところに出てそうなので覚えておこう…。