ドラゴンクエストXI #48「ゴリアテパパ」

プチャラオ村の人たちを苦しめていたフールフールを倒し、シルビアと一緒に旅をするべくパレード仲間を預けに次の町へ。

メダチャット地方

村の外へ出てみると、ざわざわしている世助けパレード。
急にシルビアに呼ばれて戸惑っているのだろうか。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

…アタシ、パレードやめる!
だけど安心して!魔王ちゃんをやっつけるまでの間よ!
倒したら絶対にみんなの元に戻ってくるわ!」

突然言われた仲間たちはオロオロ。
しばらくして、1人がシルビアを応援すると宣言しました。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

すると他のみんなも、シルビアを応援する!と言ってくれました。

シルビア
「世界に笑顔を取り戻すためよ!
だからそれまでの間、アタシのパパがいるソルティコって町で待っていてほしいの!

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ここでグレイグ、なにかに気がついたようです。

グレイグ
「きっ、貴様まさかとは思うが……ゴリアテか?」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

グレイグ
「!!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

 

驚きのあまり固まってしまったグレイグをよそに、シルビアたちはソルティコへ出発。
そのパレードのまま向かうの…?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

グレイグもだいぶ表情豊かになりましたな(´ω`)
シルビア=ゴリアテの事実よりもグレイグの反応にびっくりだわ。
(シルビア=ゴリアテはやっぱりね、って感じですし)

 

 

ソルティアナ海岸

ソルティコの町

もうソルティコの町へはルーラでいけるようにしてあったので、ひとっ飛びして到着。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

世助けパレードもそのまま登場。
見張りの兵士や町の人たちも急に派手集団がやってきて驚いてる様子。
しかし誰も止めることができない…。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

堂々と帰ってきたシルビアだったが、パパのお屋敷に行くには心の準備が必要らしい。
入り口で悩んでいるようですが…

アリスちゃん、いつから一緒にいたの(´ω`)!?
さらっといるけど、世助けパレードの中にはいなかったよね…
まぁ無事だったみたいだしよかったけど。
(シキは落ちてから1人だったのに、みんな結構合流してるんだな…)

 

 

シルビアはしばらく動かなそうなので、先にお屋敷へ
ちょうどジエーゴさんが目覚めたようなので、グレイグと挨拶させてもらうことに。
ゴリアテパパはどんな人なんだろう…(´ω`*)ドキドキ

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「……てめえの活躍はさんざん聞いてるぜ。
図体デカイだけが取り柄だったてめえがいまやデルカダールの英雄さまだ!ハハッ!」

もっとコワイパパを想像していたけど、ダンディおじさまじゃないですかー。
豪快な感じでいい人そうだけど…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

 

グレイグに言われて入口に戻ってみると、そこにはアリスちゃんしかいませんでした。
シルビアはまだ心の準備ができないようで、海の方へ行ってしまったらしい。
アリスちゃんも様子がおかしいシルビアを心配しているので、ここは聞き上手シキの出番ですな!(近くに行くとみんなが話かけてくれてるだけですがね…)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

シキ
(さあ、思う存分話すがいい!)

シルビア
実はね…アタシ、シキちゃんと再会できたらウルノーガと戦うって心に決めてたの。
だけど…パレードのみんなを預けるためにパパと会う決心がなかなかつかなかったの。
あの、プチャラオ村の親子を見るまでは…」

シルビアは子供の頃、町にきたサーカス団に魅せられて旅芸人になったらしい。
それまで騎士になるよう育てられていたので、いきなり旅芸人の修行をすると言ったらジエーゴさんに反対され、大げんかになったとか。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

それまで絶対に帰らない!と出ていった手前、会うのが怖いようだ。

しかし、シキに話をしたことで勇気が湧いてきたらしく会いに行くことに。
(その恰好のまま行くのか…)

 

 

ジエーゴの部屋に入った途端、シキの後ろに隠れるシルビアさん。
(色々デカイから隠れられてないけど)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

最初は誰だからわからないようで、「誰だぁ、てめえ…?」と首をかしげていたジエーゴさんですが、誰だかわかるとベッドの上に立ち上がって怒鳴りつけました。
(迫力ある~!)

ジエーゴ
「てええは…わが息子、ゴリアテっ!!どのツラさげて帰ってきやがった!!

シルビア
「ひっひいいいい。ご、ごめんなさい!!

ジエーゴ
「ごめんなさいだと?
…おい、ゴリアテ。てめえ何かカン違いしてねえか?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

どうやらジエーゴさんはシルビアのことを認めてくれていたようです。
(いいパパだけど…ベッドの上では靴脱ごう?)

それがわかって安心したシルビアは、ここに帰ってきた理由を説明。
(魔王を倒して今度こそ夢をかなえると宣言→ジエーゴさん「やってみやがれ!」)

そして魔王を倒すまで、シルビアの仲間たちを預かってほしい。
シルビアの代わりにみんなの中心になって導いてほしいと頼みました。

ジエーゴ
「ドーンと引き受けてやらあ!騎士に二言はない!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

 

「わ~オネエさまのパパ!カッコイイ~!これからよろしくね!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ジエーゴ
「オ、オイ!ゴリアテっ!コイツぁいったいどういうことだ!?」

仲間とはシキやグレイグのような人たちと思っていたのか、個性の強い彼らをみて驚きを隠せない様子のジエーゴさん。

呆気に取られているパパを気にすることなく「パパこれ着てね♪」と着替えさせてしまいました。
(シキもやられたし嫌な予感しかしない…)

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

どーん!

シルビアとお揃いの恰好…パパ…似合うね(ノ∀`)w

ジエーゴ
「な、なんだあこの服は!こんなモン聞いてねえぞ!!」

シルビア
「だってアタシの代わりにみんなの中心になってくれるって言ったじゃない。
……騎士に二言はないんでしょ?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

何も言えなくなってしまったジエーゴさん。
昔からこんな風にシルビアの方が口がうまかったのかな?
セザールさんたちも笑っちゃってるし…
仲直り(?)できてよかったですな(´ω`*)