ドラゴンクエストXI #46「新しいセカイの扉を開いた」

寄り道したメダチャット地方でシルビアに再会した。

メダチャット地方

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

シルビアとの再会で、すっかり忘れていました。
そういえば襲われていたんだったね…

バハトラさんはプチャラオ村からここまで来ていたようなので、シルビアが村まで送っていくことに。

シルビア
「…ねえシキちゃん、これからのことはあとで考えるとして…。
ちょこっとだけ、アタシたちの世助けパレードにつきあってみない?

これは『一緒にバハトラさんを村に送って行かない?』と言われてる気がしたので気軽にはいを選択。
しかし、ただ一緒に行くだけかと思ったらそうではないようで…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

新しいセカイの扉を開くってなに!?

服をプレゼントされ、素直に着替えたシキは世助けパレードのボスにされてしまいました。
ちょっとつきあうだけって言ったよね!?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

さあ、アタシに続けぇ~!

シルビアにもらったこの服を着ているとシキも踊りだすようです(´ω`)
(グレイグには服がないのか…)

世助けパレード集団はついてくるのですが、これがまた…
すっっっごく遅い!!

普通に進んでいくと見えなくなってしまい、はぐれたのかと不安になるくらい…
(1人で踊ってるの恥ずかしいから一緒にゆっくり進みました)

 

プチャラオ村

ボスにちゃんとついてこない集団を引き連れプチャラオ村に到着。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

壁画が無くなった後でも活気のある村だったのに、とても静かです。
さすがに絶望的世界になったので明るいままとはいかないか…。

バハトラ
「…それじゃあオラはここで失礼するだ。ここまで世話になったな、ありがとうよ」

笑っていたバハトラさんもちょっと怖い顔になり、家に戻っていきました。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

シルビア
「ウフフ…そういうことならアタシたち世助けパレードの出番ねっ!

シルビアはパレード仲間たちに「何が起こっているのか調べましょ!」とみんなで聞き込みを開始。
そんなシルビアを見て、グレイグは「ずっと昔に会ったことがあるような…」と考えていました。
ゴリアテだとはまだ気づいていないようです。
昔はあの派手な格好じゃなかったのかな?

 

みんなのボス(仮)として、聞き込みに参加するシキ。
もちろん踊りながら(右腕ずっと振り続けてるけど疲れない?戦闘の時に剣振れない…とか言われたら困るんだが)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

どうやらこの村の人たちは魔王の手下に人や物を奪われているらしい。
ウルノーガの手下で、名前はフールフール

 

 

バハトラさんの家に行ってみると、ボンサックがやってきました。

ボンサック
「いやーよかった!息子のチェロンだけでなく、オマエさんまでいなくなったと思って心配してたんだ!

バハトラ
「…フン、チェロンみてえな自分勝手な息子なんて知らねえだ!」

もしかして、息子を探してあんな場所にいたのかな…?

ボンサック
「スミマセン、旅の方。
…バハトラのヤツ、大事にしてたヨメさんに先立たれただけでなく、息子までいなくなって気が立ってるんです」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「ワタシたちは逃げることもできずにただ恐怖に打ち震えました。
するとヤツはワタシたちを広場に集め、こう言ったのです。
オマエたちの一番大切なモノを教えろ。その大切なモノだけは助けてやろう…と」

そして村人たちは『お金・愛する妻や夫・子供』をあげていったらしい。
しかしそれはウソで、魔物は大切なモノを助けるどころか逆に奪い去って行ったんだとか。

魔物に渡したら自分のアジトに持って帰っちゃうのは当たり前だと思ったのだが、ボンサックたちはどうなると考えていたんだろう?
自分たちは殺されるけど、渡した人やモノはプチャラオ村に残るとでも思っていたのかな…。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ボンサック
「おおっ。ほ、本当ですか?だけどヤツは強く、ズルがしこいですよ?」

シルビア
「ご心配なく!アタシたちにお任せあれ!騎士に二言はない、って言うでしょ!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

(騎士にしては派手過ぎないか?その恰好…)

フールフールは村人を連れて南の方へ去っていったらしいので行ってみることに。
話から察するに、バハトラさんの息子は魔物に渡したわけじゃなさそうだけど…どこ行っちゃったんだろ?

 

 

メダチャット地方

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

プチャラオ村から南にある岬のほら穴の近くまで来たとき、突然現れた男の子。
どうやらこの子がバハトラさんの息子チェロンのようです。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて父ちゃんの大切なモノ、オラじゃなかった。それ知ってすごく悲しかっただ…。
だから母ちゃんのペンダント取り返して父ちゃんを見返してやるって思っただ!
それで魔物を追っかけて来ただ!」

だけど怖くなってここで隠れていたんだとか。

グレイグ
「しかしこの辺りは子供には危険すぎる。私たちに任せて早く村に帰りなさい」

チェロン
「イヤだ!みんなが行くならオラも行く!
母ちゃんのペンダント取り返すまで村には絶対帰らないだ!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

1人で帰らせたらバハトラさんみたいに途中で魔物に襲われるかもしれないし、一緒の方が安全でしょ。
(戦闘中はパレード仲間が守ってくれそうだし)
帰ったふりしてこっそりついてくる方が危ないし。

グレイグ
「ふうむ…わかった。貴様が責任をもってチェロンを守るのだぞ」

シルビア
「よ~しっ。悪い魔物ちゃん退治にしゅっぱ~つ♪」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

この中にいると、グレイグが浮いていますね(彼用の服はないのか)

チェロン情報でフールフールは岬のほら穴に入っていったことがわかったので、さくっと退治しちゃいましょ~♪