ドラゴンクエストXI #31「ムフォフォーン」

ブルーオーブを求めて美しき雪の都へやってきたシキたち。
しかし、正門が凍っていて入れず、別の入り口を探すことに…。

クレイモラン地方

クレイモラン城下町

正門の近くに、中に入れず困っていた郵便配達人を発見。
この人によると西側に裏門があるらしい。

教えてもらった通り、城壁を西側に回り込んでみると何やら扉が。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

たぶんこれがその裏口だと思うけど…
この扉、魔法のカギがないと入れないので郵便配達人さんたち入れないね…。

シキたちだけ入っちゃってスマンな!と思いつつ中へ。
するとそこにはすべてが凍ったクレイラモン城の姿…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

家も、城も、人も、動物も、すべて。
凍ったまま動いていない…

これは寒くて凍ったとは言えないね、セーニャ!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

セーニャ
「ほら、お姉さま!やっぱり私の言った通り寒いから凍っちゃったんですよ!」

セーニャ、天然だとは思っていたけど、ここまでじゃなかった気が。
寒さでどうかしてしまったの(´ω`)?

ロウ
……いやいや、いくら雪の都といえど寒さで町すべて凍るなどあるはずがない。
ひとまず、町の中を調べてみるとしよう」

セーニャの発言に呆れたのか、何も言わないベロニカに変わってフォローするロウじいちゃん。
おかしくなったセーニャのためにも早く原因を突き止めよう。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

宝箱まで凍っているなんて…。

 

 

ほぼすべての建物や人たちが凍っている中、ある場所にだけたき火が見えた。
そこへ行ってみると、1人の女性が…普通に動いている!!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

無言で近づいた結果、驚かれてしまった(当たり前)

この女性によると、3ヶ月前の晴れたある日。
町の上空に魔女が現れ、魔女の呪文により町は突然の吹雪に襲われた。
彼女は気を失い、目が覚めた時にはこうなっていたらしい。
なぜ自分だけ助かったのかはわからないそうだ。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

この女性、頭に王冠のせてるしもしやと思っていたらこのクレイモランの女王だった。
名前はシャール
先代の王は1年前に亡くなっていたらしい。

ブルーオーブは凍った城の中にあるらしく、この氷を解かさない限り中には入れそうにない。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ベロニカ
そういうことなら、あたしたちも魔女退治に協力しましょう。
凍った人々を放っておくわけにもいかないでしょ?」

ここで音沙汰のない救援部隊の帰りを待っていてもいつになるかわからないし、協力しましょう!(宝箱もほしいし…)

シャール
「ありがとうございます、皆さん!
魔女は、東のシケスビア雪原にあるミルレアンの森にひそんでいると聞きます。
ですが森には魔女だけでなく、魔女に飼いならされた魔獣もいるので気をつけてください」

魔獣と戦うことになるのかな?
準備をして、森へ向かおう。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

見送ってくれたシャール女王。メガネっ子カワイイ(´ω`*)

にしても、ちょっと疑問に思ったことが。
3ヶ月前に襲われて、救援部隊が来たのが数日前。
それまで宝箱ですら凍ったこの町で1人、どうやって過ごしてきたの…?
食べ物だって寝る場所だってなさそうなのに…
あれ?この女王、怪しくない…(´ω`)?

 

 

シケスビア雪原

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

いい天気に恵まれると、とってもきれいな景色!
雪景色好きな志槻にとってこの場所はお気に入り。
いつも以上にはしゃぎながら先へ進みます。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

いままでで一番大きい乗り物。
両手に持つツノ?みたいな武器で突進。
大きな氷塊も破壊するほどの力を持っています。

 

ミルレアンの森

辺りがすっかり暗くなった頃、森へ到着。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

いろんなところに、仲間とはぐれたらしい救援部隊の人たちがいた。
その服、どこかで見たことがあるような気がするんだけど…。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「この吹雪で隊長を見失ってしまった。隊長は屈強な人物なのだが、寒さが苦手でな。
無事でいるといいのだが…」

うわぁ…(´ω`)

救援部隊ってデルカダールだったのか。
屈強な隊長っていうと…グレイグの方?
魔女や魔獣の他にも戦わないといけなさそうな予感…。

 

 

さっきまで雪はやんでいたのに、魔女がいそうな森の奥まで来ると突然の吹雪に。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

まっっったく前が見えない!
こんな中進んでいくのも危険だし、はぐれたら困るしみんな手でも繋いでいた方がよくない?

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ぽつーん。

【仲間たちとはぐれてしまったようだ】
そうなるような気がしてた。

 

寂しく立ち尽くしていると、前の方から不思議な声が聞こえてきた。
「ムフォフォ!ムフォフォ!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

よく見えないけど、どうやら大きな魔獣と誰かが戦っているようだ。

グレイグ
「お…お前は……悪魔の子!?」

1人、魔女の手先と戦っていたのはやっぱりグレイグだった。

グレイグがシキに気を取られたことにより、魔獣の攻撃を喰らって転倒。
シキに気づいた魔獣はこちらへ向かってきた…!

 

グレイグが協力してくれるはずもなく、シキ1人での戦い。
しかしそこまで強くはないので、さくっと勝利。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

大人しくなった魔獣(ムンババ)のところへ転倒から立ち直り、やってきたグレイグ。

グレイグ
「ずいぶん手こずらせてくれたな。魔女の手先め…」

そういうとムンババへ止めの一撃。
おいしいところ持っていかれた…!

そしてシキに近づいてきて「次は貴様だ…悪魔の子よ!今度こそ、逃がさん!」と剣を振りかざしてきた。

連戦はキツイし、仲間がいないと勝てる気がしないよー。