ドラゴンクエストXI #29「コスプレ大会…?」

壁画世界に連れていかれたシキたち。
そこにたブブーカたちは吸収されてしまったが、シキたちは手のあざの力で脱出。
メルちゃんが悪い奴だと知った。

メダチャット地方

プチャラオ村

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ベロニカ
「ええ。なんとか。どうやら戻ってこられたみたいね」

セーニャ
この壁画の恐ろしい真相を早く皆さんに知らせなくては。
シキさま、村に戻りましょう」

これ以上被害が出ないように伝えないと。
だけど観光地になってるのに呪われてるって話して信じてもらえるのかな…?

 

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

村に戻ると早速、探していた人を発見。

おじいちゃん
「……ふーむ。壁画のウワサを耳にし旅のついでに立ち寄ってはみたが…。
お嬢ちゃん、それは本当なのかの?」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

今度はおじいちゃんを騙しているようだ。
おじいちゃんはメルの話を信じたのか、遺跡へ行ってみると言って去って行った。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

おじいちゃんを見送った後のメルの顔…これは悪い子ですわ。

シルビア
「……あら、
それで元気になるのはあのおじいさんじゃなくお腹を満たした壁画の方じゃないかしら?

メル
「ウソ。どうしてここに……。
わたしのかわいい触手たちがとり逃がしたというの…?

驚きすぎたのか、素が出てしまったメルさん。
言い逃れはしないようだ。

セーニャ
「あなたが……言葉巧みに人々を誘導して皆さんを壁画に閉じ込めていたんですね?
……お願いします。
もうこんなことはやめて壁画の中に捕らわれている皆さんを解放してください!」

ベロニカ
「アンタの正体はもうバレてんのよ。おとなしく降参しなさい」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

正体がバレたと知って、本性を現したメル。
笑い方も壁画と同じだ…。

メル
「せっかく捕らえた獲物を解放しろだと?調子に乗る出ないぞ、たかが塗料風情が!
このすばらしきチカラは愛しきあの方よりいただいたもの。
人間ごときに指図される覚えはないわ!
不服があるなら我が世界に来るがいい。
今度はわらわ自ら歓迎し、キレイにまる飲みにしてやろう♪

ロウ
「待て!あの方とはいったい!?」

ロウの問いには答えず消えていったメル。
壁画世界に行けば、教えてもらえるだろうか…?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

このまま乗り込みたいところだけど、実は壁画世界の魔物に苦労してたんで…
ちょっと鍛えてきてもいいですかね?
装備もしばらく変えてなかったので、弱いんですわ(´ω`)

 

ということで、受けたままクリアしてなかったクエストをこなしつつ
レベルを上げたり不思議な鍛冶台で装備を整えること数時間。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

素材集めに苦労しましたが、なんとか完成。
いままでベロニカ・セーニャ・シルビアしか衣装チェンジしてなかったけど全員変えました。

 

 

そして壁画世界に乗り込みます。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

勢いで全員衣装変えたけど、これは……コスプレ大会みたいになってしまった…
シキだけ全身鎧で、守られてる感半端ない( ゚Д゚)
ユグノアの鎧なんだけどね…シキが着るとなんか…うん…残念な感じがする…

メル
「追いつめた……だと?カカカ、何をカン違いしているやら。
わざわざエサの方からディナーの皿へ載りに来ただけというのに…
カカ、本当におバカな子供よのう」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ベロニカ
「やっと元凶のおでましね。人を騙して絵の中に引きずり込み、まる飲みにして吸収する…
ふん、やっぱり悪趣味よアンタ!

セーニャ
「で、でも…。どうしてこんなことを!?」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

…ああ。あの方よりたまわった次元を超え、人間どもを吸収するチカラ。
そのなんとすばらしいことか。
わらわはこのチカラを使い、いつの時代も浅ましき欲望に抗えぬ愚かな人間どもを救ってやっているのだ。そう…!
わらわという至高の芸術を彩れること…これぞ壁画が与えしまことの幸福と知るがよい!」

 

メルトア戦。
最初に壁画世界に入った時よりレベル3~4上げてきたけど結構きつかった。
ここの適正レベルどれくらいなんだろう…。

魅了してくるので、シルビアはひたすらツッコミ役になりました(´ω`)
ベロニカだと耐えれなかったので、カミュが火力となって攻撃。
セーニャとロウがひたすら回復でなんとかなった…。
戦闘中に入れ替えできなかったら勝てなかったと思う。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「我が造物主たるあの方が…偉大なるウルノーガさまがおられる限りは…!
ウルノーガさまの世が実現さえすれば、いずれわらわもふたたび…

マルティナ
「あなたはウルノーガを知っているの!?」

メルトア
「カカカ…。
貴様らに壁画の呪いあれ。ウルノーガさま、どうか宿願を…
永遠なる命のチカラを、その手に…くああっ!

ウルノーガの狙いは永遠なる命のチカラ…
いったい何を企んでいるのでしょうか?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

メルトアが倒され、消えたことでまほうのカギを手に入れることができた。
これでまほうのカギの模様がついた扉を開けられるようになった!

赤い扉だったよね、各地を開けに回るか~。

ロウ
「予想外の収穫もあったし、上出来というべきか。
……それにまずはここから脱出せねばな。では行くとするかの、シキ」

 

壁画世界から脱出すると、吸収されていたと思われる人たちも一緒に出てきた。
みんな生きているようでなにより。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

うわー、この衣装のカミュイケメンすぎる!
ちょっとサマディーの王子っぽいとか思っちゃってたけど、全然違った!
なお左の勇者…これはヒドイ。
鎧自体はかっこいいはずなんだけどなぁ…。

吸収された人たちが起き上がり、逃げていくところを見ていたらボンサック登場。

ボンサック
「なんだなんだ!?いきなりほこらから人があふれてきたが…
……って、なんだこりゃ!?

壁画を見て驚くボンサック。
振り返ってシキたちも見てみると…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

誰もいない( ゚Д゚)
メルトラは倒しちゃったし、周りの人は解放しちゃったからねぇ…。

ボンサックに事情を説明すると、驚かれたがわかってもらえたようだ。

ボンサック
なんとお礼を言えばいいのやら。
……さぞ、お疲れでしょう。せめてウチの宿に泊まっていってください」

ありがたく休ませてもらうことにしよう…( ˘ω˘)スヤァ