ドラゴンクエストXI #19「ロウとマルティナが仲間になった!」

ユグノア城跡でロウが自分のおじいちゃんということを知ったシキ。
鎮魂の儀式を終え、マルティナに16年前の話を聞いていると、グレイグたちに見つかりピンチに。
崖から落ちてしまったシキを追ってマルティナも一緒に落ちていくが…。

ユグノア地方

志槻が目を覚ますと、そこはユグノア城跡の近くの山小屋だった。
マルティナの姿がないが、ここまで運んできてくれたのだろうか?
(力持ちですね)

小屋を出ようとすると、ちょうど戻ってきたマルティナに会った。

マルティナ
「外はまだ雨よ。服も濡れているし、暖をとりましょう」

毛布にくるまって温まりながら、マルティナは16年前の話をしてくれた。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「私こそが、エレノアさまに命を救われた、デルカダール王の娘なの」

16年前、エレノアと一緒に逃げた女の子はやっぱりマルティナだった!
エレノアが囮になってくれたスキに、シキを連れて逃げたが魔物に見つかり、川に落ちてしまったらしい。
そしてシキを離してしまいバラバラに。
マルティナだけがロウに助けられた、ということのようだ。

だから崖から落ちたときに、必死に守ろうとしてくれたんだね。
いいお姉ちゃんだ…

「キミとはぐれた後、私はロウさまと共に故郷のデルカダール王国に向かったわ。
お父さまに助けを求めようと思ってね」

しかし、王はマルティナが死んだと決めつけ、勇者に殺されたと広めていたらしい。
真実から、人々の目を遠ざけるように。
ロウは王をそそのかしてる者が背後にいるといって、真実を明らかにするため2人は旅に出たということのようだ。

と、話しているうちに朝になり、雨も上がったのでユグノア城へ戻ることに。
グレイグたちはもういなくなってるといいんだけど…。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

グレイグ
「あのようなことで、死ぬとは思わなかったぞ。悪魔の子よ…」

やっぱり見つかってしまった!
でも周りに兵士はおらず、グレイグ1人だけっぽい。

「…あの忌まわしき日より16年。姫様、ご健在なりしはこのグレイグ、望外のよころび…」

「しかし、なにゆえ悪魔の子をかばい立てなさるのです?
姫様であっても、主命を邪魔なさるなら斬らねばなりませぬ

マルティナが見逃してほしい、と頼むが主君はデルカダール王なので主命が優先されると断るグレイグ。
それなら…とマルティナは攻撃を仕掛けた。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

しかし、シキをかばいながら戦うのでグレイグに弾き飛ばされてしまった。
シキ、突っ立ってないで戦えよ…

倒れたマルティナに攻撃をしようとしたグレイグだったが、またも小さい頃のマルティナを思い出してしまい攻撃できず、一瞬止まってしまった。

そのスキを見逃さなかったマルティナは今なら!とグレイグを馬から落とし、代わりに自分が乗った。

マルティナ
「シキ!乗って!」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

シキを乗せると、そのまま城の方へと馬を走らせて行った…

グレイグ
「マルティナ姫…。あなたはいったい…」

その姿を見守るグレイグ。
もう追う気力はないようだ(馬がないとダメなの?)

 

城へ戻ると、仲間たちが待っていた。
みんな無事なようでよかった。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ロウ
「追ってはやはりヤツじゃったか。
グレイグには確かめたいことがあったが、それには及ばぬようじゃな…」

はるか昔、栄華を誇ったとある王国は、魔物が化けた奸臣によって滅ぼされた。
その魔物の名はウルノーガ
ロウたちは長い旅の末、その名前に辿り着いたらしい。

はるか昔より暗躍し続ける邪悪の化身。
いまのデルカダールもその魔物が牛耳っているとロウは考えていた。

シキが勇者として生まれたのはそのウルノーガと戦うためだったのか。

「ウルノーガは未知にして強大。闇のチカラをまとったおそろしいヤツじゃ。
無策でヤツに立ち向かうことはできまい」

セーニャ
「私、聞いたことがあります。
命の大樹には闇のチカラを払うなにかが眠っていると…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「勇者のチカラを持つおぬしならば、大樹への道のりについて何かを知りえるやもしれぬ」

ロウから虹色の枝を受け取った。
ようやく枝を手に入れたぞー!

カミュ
「どうだ?何か見えないかシキ?」

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

『しかし何も見えなかった』

散々みんなに守られてここまで来たのに役に立たないシキ…
空気主人公から役立たず主人公に転職ですか(´ω`)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

「ここまで引っぱっといて……ありえないわ!」

ロウ
「ほっほっほ。まあ、仕方あるまい。
これからは、わしと姫も同行し命の大樹への行き方を見つけるとしよう。
よろしく頼むぞ、シキよ」

こちらこそよろしくおじいちゃん!
というか、みんなシキに優しすぎない?
もうちょっと「ほんとに見えないの?」「ちゃんとやって!」とか言ってくれてもいいのよ?

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ロウおじいちゃんとマルティナ姫が仲間になった!
マルティナはもっとツンツン系だと思っていたので、とってもシキ思いのいいお姉ちゃんだったことにびっくり。
これは戦闘メンバー悩みますわ…

シキ・カミュ・ベロニカ・シルビアがメインメンバーで回復間に合わなかったらセーニャいれようと思ってたけど…
ロウおじいちゃんもマルティナお姉ちゃんも入れたい…!

 

なんて、悩んでるとカミュが何かに気づいたようだ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

うん?枝…?