セブンスドラゴンⅢ #46「隠しダンジョン-ラスボス」

前回、幻視母竜・影を倒し13班を待っているというニンゲンの元へ向かう。

出た場所は境界線。
セブンスエンカウントで行った東京スカイタワーの屋上に似ているような…。

境界線の先へ

透明の光の階段を上って行くことになるようだ。
キレイだけど落ちそうで怖い(´ω`)
この先はなんだろう、宇宙?コスモパワー!

 

ラスボスの元へ

影α、影β、影γと進んでいく。
すぐボスが待っているのかと思ったら結構長い…。

影γに出てくる敵の中には体力が高いドラゴンがいて
アースクエイク一撃で倒すことが難しいためステルスしたり
エージェントのエスケイプスタンスをして進んだほうがいいかも。
(戦いを挑んで何度か全滅した)

 

ブラスターレイブン

影Ωで待っていたのはブラスターレイブンだった。
場所が前作にも出てきた所だったので、前作の誰かなのかと思っていたらまさかのヒーロー。
なんでレイブンがラスボスなんだろう…。

レイブン「来たんだね13班」

「この子は、この世界が無数の残滓から生み出した最初の生命。
そして始まりの竜…――真竜だよ。
まだ小さいけれどやがて星の生命を生みそれを喰らう存在になるだろう」

その竜はこの世界のアイオトのような存在ってことなのかな?
竜が大きくなったらまたこの世界のような戦いが起きてしまう。
13班は竜を倒そうとするが…

レイブン「待ってくれ!」

「僕にとって…もちろん、君にとっても真竜は人類を苦しめる、憎い存在だ。
真竜さえいなければ死なずにすんだ仲間がどれだけいたか…
殺されるだけじゃない。その絶望の中でもがき、生きる道を誤る人もいた…
だけど…だからといってこの子を殺して本当に良いのだろうか…?」

レイブン「アイオトの蒔いた生命の種無しに僕たち、人類の誕生はなかった」

「つまり、この子を殺すということは、
新しい生命が誕生する可能性を摘み取るのと同義なんだ。
悲劇を未然に防ぐために可能性を摘み取る…それは、絶対解なのかな…
かといって、この子を逃がせば新たな悲劇の種になることは明白だ。
答えは出さなくちゃいけない」

レイブン「君はどう思う?」

「――いや、重大な決断を君ばかりに託してちゃいけないな。
僕にだって曲がりなりにも地球を守ってきた自負がある。
戦って、強いほうが決断しよう。それでいいかい?」

ブラスターレイブンとの勝負か。いいだろう!
頷く13班。

ブラスターレイブン
「…決まりだね。戦いながらでいい…考えてみてくれ」

レイブン「勝負!」

レイブンの攻撃モーションが可愛くてつい見てしまうが、強い(´ω`)

こっちのメンバーはサムライ・ルーンナイト・バニッシャー
・サムライが攻撃役
・ルーンナイトは盾役(アクセサリーにストップカット、ガードリング)
・バニッシャーは補助+攻撃役

ルーンナイトはひたすら身代わり。
バニッシャーは轟音を切らさないようかけ続け、隙を見てアースクエイクと奥義。
サムライは不動居からの大一文字をしつつ、奥義。
ユニゾンができそうなら使っていく。

レイブンがリミッター解除をしてきたら全員バディでブレイクを狙う。
ブレイクできないと全滅すると思っていいほど強くなる。

簡単に倒したい場合は、2nd・3rdユニットをルーンナイトにしてユニゾン。
スキル『ブレイブソード』をするとゴリゴリLFを削れます。
(アクセサリーにキラーバンドをつけてクリティカル出すとすごい)

 

レイブン「さすがだね13班」

レイブンの立ち絵が…!顔が見えてる!
(wikiでは3回目から割れてると書いてあったけど…1回目で割れた)

ブラスターレイブン
「でもきっと…僕はこうなることを望んでいたんだと思う…
約束通り…君に任せるよ。…ありがとう、シキ」

そう言って去って行ってしまったレイブン。
そして現れたアイオト。あなたの仮面の下は見れないのね。

アイオト「決断の時だ」

戦うか、戦わないかを選べるようだ。
うーん、どうしよう?
どっちもやるつもりなので、まずは戦うから選択。

 

戦う

アイオト「――それが答えか」

ということで、ドラゴン戦に突入

リトルドラグでした

リトルドラグ。
本当に生まれたばかりだからなのか、弱い。
本気出してすまなかった。一瞬で終わってしまった…。

 

アイオト「この世界は無の世界となった」

「影もやがて消えていく…
汝のこの決断によりひとつの宇宙…億兆の未来は消えたのだ。
だが、それも無数に存在する未来のひとつ――
全ての未来に干渉することはできない――
竜はまた生まれる。
汝の干渉できない未来に。
そしてまた始まるのだ新たな生命が――」

アイオト「新たな物語が」

そしてエンディングへ。

戦ってリトルドラグを倒した世界は何もない世界になる未来のようだ。
良かったのか悪かったのか…。

 

 

戦わない

こっちを選ぶと、竜は去っていく。

アイオト「この宇宙に新たな生命が生まれる」

「汝の経験した悲劇、絶望…それを越えるもの。
数多の可能性がここから始まるのだ。
汝のこの決断が新たな未来を育み
その意思は輪廻となり次の者へと継がれていくだろう。
待つが良い。新たな生命を――」

アイオト「新たな物語を」

――エンディングへ。

戦わないで見逃すと、この世界は13班が経験した世界のようになっていくと。

 

どちらもエンディング後、セーブをすると☆が★になる。

倒せば無、倒さなければ絶望ってどっち転んでもいい未来が見えないのですが(´ω`)

ちょっとこのラストにはもやもやしましたが、これで本当にセブンスドラゴンⅢは終了!
アイオトの言う『新たな物語』がフラグで、別世界のセブンスドラゴンが出るといいな。

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。