セブンスドラゴンⅢ #43「VFDと決戦」

VFDのいる部屋

ついにVFDのいる場所に辿り着いた13班。
最終決戦だ!

果たしてどんな姿なのか…

VFD…?

「VFD…!」

ちょっと思ってたのと違う(´ω`)
まだ完全体じゃないからこの姿なのかな?
竜というより植物のような…。

VFD「シンカガハジマッテイル」

この姿でもしゃべるのか。

VFD
「コトワリ…トハ…シハイ…ナンジモ…クミコマレテイル…
ヨリ…ツヨキ…ミライヘ…」

13班「全て守ってみせる!」

VFD
「スベテノ…エントロピーハ…トウゴウ…サレル…
ニンゲン…コノ…ウチュウ…サイダイノ…チカラ…
ヨコセ…ニンゲンノ…エントロピー…」

ナガミミ「コイツをぶっ飛ばして取り戻せ!」

みんなが竜にやられたのは現実で、VFDを倒したところで
なくなった現在が戻るのか不明だけどいまはやるしかない!

【前衛にするユニットを選択してください】

まさか1st、2nd、3rdから戦うメンバーが選べるとは思わなかった…。
というか選べるってまさか全員駆使して戦わないといけない…?
ラスボスによくある第〇形態…と何度も戦うの…?

ここはもちろんシキ率いる1stユニットを選択
というかこのメンバー以外はサポート専門で選んでたので前衛にはなれない…。

最初のVFD

ブレインストライク(単体+錯乱)が厄介で錯乱にさせられると何もできない。
2人が錯乱するとアイテムで回復が追い付かない…。

ヴァジュラウィップ(単体複数回攻撃)はそこまで痛くはないものの、
シャンディラレイが全体攻撃180↑ダメージで回復が間に合わず全滅…。

リトライ、2回目はシャンディラレイがくるターン(3ターン目で来た)に
イーコールをし、他ガードでなんとか凌ぐものの魔力充電(MAT↑)
2ターン後にくるサンサーラブレイク(全体+盲目、呪い、ダウナー)で全滅…。

2回とも攻撃パターンは同じだったので、錯乱対策のアクセサリーをつけて3回目
錯乱にならなければ回復も間に合うのでバニッシャーだけ死なないようにして
イーコールに頼ってなんとかサンサーラブレイクまで生き残ることに成功(´ω`)

バニッシャーとサムライの奥義を使って8ターン目で撃破!

 

なんとか勝てた、終わったーと安心していたらVFDが何やら変化を…

ナガミミ「変態しやがった!」

VFD
「進化ヲ 繰リカエシ ヨリ 強キ 存在トシテ 生マレ変ワル…
我コソガ 宇宙ノ 理ダカラダ。
ダレモガ 生マレタ 瞬間 死ヲ 決定付ケラレル…ソレト 同ジ。
ニンゲンモ コノ 宇宙モ 終末ハ 既ニ、定マッテイル」

嫌な予感が当たった。まさかの第2形態…。
話し方も進化している…。

ナガミミ
「チィ…!どうすりゃ…!?」

ヨリトモ「いつまで膝をついてる?らしくないぞ、13班!」

ユウマ
「全く、世話が焼けますね。
君は、俺たちの希望なんですから…さあ、立ってください」

ヨリトモ!ユウマも!!来てくれた!

ヨリトモ
ゆけ、13班

ユウマ
「……もう言葉は不要です。さぁ、VFDを!」

ユウマ「この星の狩る者は…君だ!」

こういう展開すごく好きです(*´ω`*)
元気出てきた!

VFD
「来ルガ 良イ。フタツノ ラセン…ソレヲ 貫ク 刻ノ 座標。
ソノ 辿リ着ク 先ニ 理ハ 在ル…」

よく見るとちょっと竜っぽくなってる…!
ここでも前衛にするユニットが選べますが当然1stユニットで。
LIFEもMANAも回復されてない…だと…

VFD第2形態

アストラルウィップ(全体複数回攻撃)通常攻撃が多いので
轟音と力学の否定でダメージを抑えつつ、サムライで攻撃を。

アビスタッチが単体+呪いなのでタイミングが悪いと呪われた状態で攻撃してしまい
自滅してしまうこともあるので厄介(´ω`)

自己修復で1978回復してくるので生半可なダメージだと削れない。
ニルヴァーナへの誘い(単体+麻痺)の次ターンに
ニルヴァーナシャイン(全体+混乱、ダウナー)をしてくる。
どうやらこれは魔法攻撃らしく、フォーチュナーとサムライは耐えられない。
蘇生してもアストラルウィップとアビスタッチのコンボで全滅…。

パターンは同じと予想してリトライしたが、1回目と違う攻撃でパニックに(;’∀’)
今度は力学の否定と魔法の否定、轟音を切らさないようにしつつ
サムライ以外が呪われても無視して回復優先。

ニルヴァーナへの誘いがきたらイーコールをして他はガード。
(それでもフォーチュナーとサムライはやられたけど…)
立て直しが速くできたのと、その後VFDが通常攻撃と自己修復ばっかりだったので
ユニゾンを使って10ターン目になんとか撃破!

 

ここまできたら第3形態もあるだろうと思ったらその通り!

ナガミミ「これまでとは比べものにならんぞ」

完全に真竜ですわ(´ω`)
こうもカンペキに進化されちゃうと、
いままでの戦いは意味なかったかのように感じてしまう…
全然ダメージ与えられてないよー。

VFD「種の死滅とは進化の必然」

話し方も流暢になりました。

VFD
「其れが、理――断ち斬れるものではない。
古い文明の終焉は決まっている。…死だ

ミオ
「シキ…」

ミオ「きっと大丈夫」

ミオきた!きっと声が聴けるとは思っていたけどまさか姿まで見れるとは…!

ミオ
「人間は、理とか、運命なんかに負けたりしない…
シキが過去と未来と現在を紡いで…みんなに教えてくれたんだ。
きっとね、真竜の検体を集めるために、過去や未来に行ったことには…
それ以上の意味があったんだと思う」

ミオ「絶望を乗り越えてきたから信じることができる」

「人間は、ドラゴンなんかに…絶望なんかに負けない!
信じてるよ。シキと、もう一度…笑い合えるって…!
だから、シキも――どうか信じて、自分を…自分の歩んできた道を!」

VFD
――無駄なことだ。理には逆らえない」

13班「理なんか打ち砕いてみせる!」

今度こそ最後の戦い、第3形態のVFD
奥義出せない、回復もしていない状態でいけるのか不安…。

第3形態VFD

最初にプリズマティックストリーム(全体+毒、石化)をしてくる。
攻撃も痛いし石化して全滅の危険がある。
というか全滅した。瞬殺…(´ω`)

再戦。
イーコールとガード×2をして、バニッシャーのみ生き残り他は復活。
通常攻撃が続くのでその間に立て直し、いつもの轟音と力学の否定をかけ続ける。

デスバイトは名前から察するに即死効果がありそうだが一度も即死しなかった。
激昴(MAT↑)の次のターン、ライトニングスォーム(全体攻撃+ダウナー)がキツイ。

ブレイクは必ず成功するわけじゃないので複数人でやったほうがいいのだが
全滅回避のためにイーコール、ガード、バディをしたがブレイクならず全滅…。
ガードしてもかなりのダメージなのでブレイクできないと全滅回避はできないかも…

3回目。
攻撃パターンが同じだったため、激昴まではなんとかなった。
サムライがリアクトしていたおかげで激昴のあとに再行動、ここでバディ成功!
ブレイクするとライトニングスォームを撃ってこず、通常攻撃だった。

7ターン目にユニゾンを発動し、ついに撃破!
最後にユニゾンでとどめを刺せると、13班全員で撃破した!という感じがする(*´ω`*)

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。