セブンスドラゴンⅢ #34「あの時のアイツ」

13班指名の最後の依頼。

クエスト名【帝竜鎮圧作戦共闘申請】

ユウマからと思って最後まで取っておいたこの依頼。
ヨリトモからだった…!
もう現場復帰していたんだね。

『紅杭の塔と呼ばれるタワーで帝竜の反応が確認された。
討伐に協力してほしい』

都内で発見された手負いの帝竜が、13班と因縁があるらしい。
なので作戦に参加してほしいと依頼をくれたようだ。
ヨリトモは広場で待っているそうなので準備をして向かおう。

竜は広場で戦ったあの竜

まだ新人だったころ戦ったあの竜!?

ユウマが討伐したはずだが、再生したらしい。
まれにこういうことがあるようだ…。

ヨリトモ
「こちらで始末しても良いが、お前の一度、負けた相手だ。
自分の成長を確認するにはちょうど良い機会だと思ってな」

ありがたい!
今度は絶対勝つ(「・ω・)「

ヨリトモ
「それに…個人的に話しておきたいこともある

ミオのことか、ユウマのことかな?
出没ポイント紅杭の塔で待っていてくれるそうなので13班も向かいます。
ちょっと緊張するぜ(´ω`)

 

クレナイノトウ

紅杭の塔ってどこかと思ったら東京のタワーだった!
前作でいろいろあった場所だー。

今回はISDFの作戦に13班が特別参加するので、
ナビとの通信は切らないといけないらしい。
ちょっと不安だけどヨリトモが一緒だし大丈夫かな。
というかユウマは今回いない…?

道中、ドラゴンがうろうろ。
前回までの依頼では戦闘がなかったので久しぶりの戦い!

ドラゴン:ダークモーフドラグ

ダークモーフドラグ

ドラゴン:ドゥームリザード

ドゥームリザード

この2体が主にうろうろしていたがバニッシャーのアースクエイクで一撃。
3000くらいダメージが出るこのスキル強すぎぃ…。

 

ドラゴン:クリミナルドラグ

クリミナルドラグ
2階でフロワロの壁前待機していたドラゴン。
重りつけてたり手も自由に動かない様子…自分を鍛えてムキムキになってるの?
見た目通り強い。というか体力があるのかアースクエイクで一撃とはいかなかった。

ムキムキの本気

ある程度体力を削ると枷を外して本気モード
攻撃がとても痛いので防御力を上げておかないと危なかった。
バニッシャーしか火力がいないと、削り切れなかったとき焦るが
火力2いるとちょっと安心(´ω`)
(うちの13班の場合はサムライが居合にして攻撃できるようにしていた)

 

3Fでヨリトモに話しかけられる

3Fに到着すると、ヨリトモに話しかけられる。
話しておきたいことはミオのことだった。

ヨリトモ
「もう察しているだろうが…俺は、ミオの父親だ」

ミオの母親も人工生命体だった

ミハルは科学者として、ナグモ博士の下で竜の研究をしていたらしい。
2人とも猫が好きで、気が合ったとか(*´ω`*)
いいですなぁ。

だから人工生命体の生みの親であるナグモ博士がおじいちゃんなのか。
ヨリトモがユウマを気にしてるのも、ミハルがいたからこそなのかも。

 

先を進んでいくと、新しいドラゴンと遭遇。

ドラゴン:スパイドラグ

タワードラグに似ているスパイドラグ
飛ぶのかと思って準備していたが全然飛ばず、ターンだけが経過した…。

毒を吐いてくるのは同じなので、先制攻撃して1ターン撃破できると安心(´ω`)

 

ヨリトモ「この先だな」

「いまのお前なら、問題ないだろう。…行けるか?」

もちろん!
ということで、いざ戦闘!と思いきや、まだ目的の竜は先…。
3F奥でこのイベントが発生したが、終わると4Fにワープしていた。
道中にドラゴンもいるし期待させないでよー!

救助者&猫を救出しつつ目的地に到着。

ヨリトモ「気が立ってるぞ」

よくこんなところに入れたなと思うくらい大きい…。
もう昔の13班とは違うってところを見せてやる!

 

シン・スペクタス

飛んでる!?さっきまで床あったけど無くなってる…?

手負いなのに強い。強い。
最初のころ、元気なこのドラゴンにユウマ一撃で仕留めてましたが
Dインストール1体の頃だよね…ユウマ相当強いんじゃ。

ブレスチャージの次のターンで必殺技のようなエンドテンペストをしてくる。
これはガードしないと無理。生き残れても様々な状態異常になってしまいやられる。

テラーブレスは全体攻撃で、行動不能にしてくる。
LIFEほぼ全快のバニッシャーとサムライがやられたので即死もある?
(LIFEの少ないフォーチュナーは生きてたが行動不能の後、攻撃で全滅)

エンドテンペストで3度、テラーブレスで1度やられ…(´ω`)

5戦目に4ターンで撃破できた(‘ω’)!
サムライが不動、サポートで攻撃力アップ、
バニッシャーが轟音で敵の防御力ダウンさせて
サムライの双剣 大一文字でクリティカル6000以上だして倒せました(∩´∀`)∩

やられた時はもっと長く戦ってたのでこんなに早く倒せるなんて…。
1ターン目でブレスチャージ、2ターン目でエンドテンペストをしてくるので
それを耐えたら一気に叩くほうがいける??

 

ヨリトモ「たいしたもんだ」

4回もリトライしちゃいましたけどね(ノ∀`)

ヨリトモ「帰投前に話の続きを」

ミオの母親はNAVという情報処理に特化した人工生命体だった。
ミハルをはじめとするNAVは本来、身体の弱いものが多く、
ナグモ博士も尽力したが、NAVは竜斑病によってみんな死んでしまった。
ミオはそのNAVの血を継ぐ、唯一の生き残り

NAVの生存が明らかになればこのご時世、
情報処理能力をほしがる戦闘組織は後を絶たない。

そうするとミオが普通の生活を送れないので、
ミオの戸籍を抹消し、博士に託したということらしい。

13班「ユウマはミオの代わり?」

ヨリトモ
「全く…お前は容赦がないな。最初はそうだ。
ミオへのしょく罪、ミハルの意思を継ぐため…理由をつければキリがない。
いまはユウマも自分の子どもだと…そう思っている
俺が勝手に、だがな。」

ヨリトモはミオはもう気づいてるかもしれないが、
今後も自分が父親だと伝える気はないらしい。

ヨリトモ「お前に話しておきたかった」

「ユウマは自分の存在理由に…大きすぎる使命に苦しんでいる。
自分に自信が持てないのだ。
自分に価値があるのかここにいても良いのかと…」

13班「なにかできることは?」

ヨリトモ
「今まで通りでいい。お前は、友として傍にいてやってくれ。」
「あの子たちにそんなものを背負わせてしまったのも全て、俺のせいだ…
俺はいつもこうだ。差し伸べるべき手がいつも、一手遅い…」

な、なにかのフラグじゃないよね?違うよね…?

ヨリトモ「帰投しよう」

紅杭の塔を出て、ノーデンスの広場に戻るとヨリトモと解散。

ヨリトモはISDFに戻るらしい。
ここ数日、ユウマの様子がおかしいようだ…(´ω`)

これでクエストはクリア
思ったより長かったけど、最後にしておいてよかった内容でした。
ミオの髪の色が緑でナビ能力ありだから気になってたけど
まさかNAVの血を受け継いでるとは…。

人工生命体のミハルとヨリトモが家庭を持てたのなら、
ユウマだって好きな相手や守りたい相手ができれば
いまの考えが少しは変わると思うんだけど…。
13班じゃダメですかね!!
ヨリトモ「13班は友として傍にいてやってくれといったはずだが?」
( ノД`)そんなぁ…

7TH DRAGON-Ⅲ3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。