セブンスドラゴンⅢ #24「第6真竜ヘイズとエメル」

エメルの目が…!

エメル、変化に戸惑う

ついに真竜となってしまったエメル
自分の体の変化に戸惑っているようだ。

ヘイズ
「家畜の分際でこのオレに土をつけた落とし前でもつけてもらおうか…
貴様を喰らい…我が糧としてくれる!」

ユウマ「そこまでです!」

ヒーロー登場!

サイラスは逆流くんの準備を始めるようだ。
13班はサポートに回る。

ユウマがエメルに話しかける

エメル
「竜が…1匹、2匹…はは、ハハハ…大量じゃないか…
アハハハハ…!」

突然、ユウマに襲いかかる。
自我を喪失してしまったようで、人間と竜の区別もつかなくなっているようだ。

エメル
「貴様、その中に…何匹飼っているッ!?」

ユウマの中にDインストールされた真竜のことをいっているのかな。

エメル、ユウマを挑発

ユウマ
「雑魚…だと…?
上等です…ヘイズは後回しだ。先にあなたを片付けます…!

挑発に乗ってしまい、ユウマはエメルと戦うことに。
ヨリトモは冷静さをなくしたユウマのフォローをすると2人の元へ。

と、サイラスの準備が終わり逆流くん作動!
ヘイズに効いたようで体が重いと叫んでいる。

ヘイズ激おこ

ついに第6真竜ヘイズと戦う時が!
全然竜っぽくなくてびっくり(´ω`)
機械昆虫みたいに見える…。

 

第6真竜ヘイズ

ハイパーシェルで物理、魔法防御力をアップしてくる。
バディでブレイクできず、数ターン持続するので攻撃していくしかない。
サウザンドキャノンで全体攻撃、盲目とやけどの状態異常つき。
機関砲も全体攻撃なので、ルーンマスターの挑発があまり意味がなかった。
キルラッシュが単体攻撃だが攻撃力が高いのか、ルーンマスターがやられてしまった。
見た目通り、雷が弱点

はじめてのユニゾン

はじめて、ユニゾンを使ってみた(/・ω・)/
スキルのマナ消費0、9人全員で攻撃ができる。
が、2ndと3rdユニット全員のゲージを2つ溜めないといけないので
時間がかかり、積極的に使う気にはなれないかも…(´ω`)
ユニゾンを積極的に使うなら、早くゲージがたまるメンバーを入れないとつらい。

TURN12で終了。

 

ヘイズ「そこに触るなー!」

ヘイズの顏から出てた青白い剣が竜殺剣だったようだ。
角かと思ってたわ(´ω`)

封印完了

ヘイズ、封印完了!勝利です(/・ω・)/
作り手によって竜殺剣の形は違うのかな。

ユウマ茫然

「俺は…いなくてもよかった…?
必要…ない?
俺は…俺はこの星で…最強の戦士のはずなのに…」

何度も13班に真竜を倒されてしまってショックを受けたのか
ユウマが呆然としてしまう。
というかこれフラグ…?ユウマも竜にならないよね…(;´∀`)

その隙に、エメルが13班の持つ竜殺剣の元へ。

エメルが竜殺剣を手にする

エメルに竜殺剣を取られてしまった
ジルが呼びかけるが、もう声は届かないようだ。

エメル
「家畜が…邪魔をするなァ!」

竜殺剣のチカラ爆発

もうエメルにとってこの星の人間は家畜なのか…寂しい。

次は竜殺剣を持ったエメルと戦うことになるのかな…。

7TH DRAGON-Ⅲ3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。