セブンスドラゴンⅢ #22「メガネ君壊れる」

エデンからサイラスとジルを連れて帰ってくると、サイラスは現代にびっくり。

サイラスは現代にびっくり

「これじゃ…東京のほうが未来のようですよ…
ホントにここ、過去なんですか…?」

エデンはレンガ作りの建物が多くて、あまり未来感なかったからね。
どこかでこの技術は失われてしまったのか。

ジュリエッタが研究室で待ってるらしいので、早速向かうことに。

サイラス壊れる

話も聞かずに興奮するサイラス。
ジュリエッタもこういう科学者もいると特に気にしていない様子。

メイヘムフォシルの検体を渡す

検体は真竜以外取ってないのかと思ってた。
この検体があるとサイラスの考えた真竜封印の計画がはかどるようだ。
ジュリエッタも封印賛成派なの?

ジュリエッタ
「お疲れさま。アタシの可愛コちゃん。

ちょ、いつからジュリエッタのものになったんですか!
そんな褒めたら何でもしちゃうよー(*´ω`*)単純…

ジュリエッタとサイラスが作業に取り掛かったので、
ジルと一緒にアリーの元へ報告へ。

アリーとジルの挨拶

誰にでも態度が変わらないアリー。
ジルが引いてるのかと思ったら、東京の技術がすごすぎて
ショックを受けているらしい。

どの世界も魅力的

エデンも、東京も、アトランティスも、
みんな違ってみんな良い☆

ISDFとエーグルも帰ってきたので、いままであったことを報告…。
ユウマは封印区レデインがエデンに残存していて驚いていた。

エーグルはウラニアがエデンに行ってたことにびっくり

 

ウラニア
「13班やエデンの皆が守ってくれましたから。
危険はありませんでしたよ?」

エーグル
「ああ…ったく!
もう絶対に、オレのいねぇとこで無茶すんじゃねぇぞ!

ウラニアを勝手に連れ出してしまってごめんね、エーグル。

東京の帝竜はほぼ掃討完了し、次の出動で鎮圧できるらしい。
しかし、第7真竜はまだ姿を見せてないとか。

まだドラゴンクロニクル解明できてないし、出てこないでください(´ω`)

ジュリエッタ、会議室へ現れる

突然やってきたジュリエッタ。
ジルのことは名前覚えたのにサイラスはメガネくん呼びなのね。

サイラスがなにかやらかしたのかと思ったら、その逆で
とんでもない勢いで技術を吸収していってるらしい。天才か?

ヘイズを再封印するっていう装置の完成も時間の問題のようだ。

ジュリエッタ燃える

ジュリエッタ、燃える。
明日の朝までに青いフロワロのほうも解明してみせると意気込んで行った。
はりきりすぎて内蔵やられないようにねー(´ω`)

今日の所はこれで解散、明日に備えてゆっくり休むことに。
マイルームに戻って寝よう…( ˘ω˘)

と思ったら、ジルがやってきた。

ジル、エデンと違って落ち着かないらしい

落ち着かず、眠れないらしい。
急に別世界へ来たら不安にもなるよね。

ジル「竜とはなんなのだ?」

うーん、よくわからないけど…狩るべきもの、かな?

ブリジルト
「はははっ…確かにな。その通りだよ。
目的がなんであれ、人々の生活を脅かすものは
我々武人にとって全て敵。
それは決して変わることはない。」

難しいことはサイラスやジュリエッタに任せよう(´ω`)

ジル落ち着いたようだ

少しはジルの不安が取り除けたならいいけど。
明日に備え、寝ると帰っていった。
13班も寝ることにしよう…( ˘ω˘)オヤスミ

 

――その頃、エデンのエメルとナギリ…。

エメルが苦しみだし、竜を殺すと様子がおかしくなっていた

エメルから青いフロワロ

エメル
「真竜…ヘイズ…!いますぐ、殺してやる…!
この、私の手で…!」

エメル、いったいどういうことなの…

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。