セブンスドラゴンⅢ #18「未来、エデンへ」

久しぶりにナガミミに起こされる

久しぶりにナガミミに起こされてちょっと安心。
やっぱいつも同じ人に起こされたほうが…

ナガミミ
「ISDFの連中が到着したぜ。
それにちょっとヤバいことになってきた…
すぐ会議フロアに来てくれ!」

毎日起こしてもらっておいてなんですが、できればもう少し早く起こしてほしいな。
みんな揃ってから起床って許されるのはアリー(社長)でしょ…。

ジュリエッタ
「なによこれ…反応が多すぎてサーチが追いつかない…!」

なにやら本当にヤバい雰囲気。
急いで会議フロアに行かないと。

 

ユウマ「東京が赤く染まっていく…」

ついに始まってしまったようだ。
7番目の出現に起因する第3次東京浸食――
サードエンカウントが。

chapter4

7番目の出現はまだ観測されていないが、東京はドラゴンだらけに。
いまのところ、竜の動きは大人しいものらしい。

一刻も早く残りの検体を集めるしかないようだ

アリー
「このくらいの竜災害なら、ISDFが対処してくれるよ。
13班には、次の真竜を狩りに行ってもらわなきゃ☆」

ジュリエッタ
無茶言わないでちょうだい!
東京は大混乱に陥ってるのよ?ミオちゃんだって寝込んでるし…
こんな十分なサポートもできない状況で13班を単独で行かせるなんて
アタシは断固反対よ!」

ジュリエッタもナガミミも、この状況で13班を次の場所へ行かせるのは反対のようだ。
けどそれじゃダメらしい。
のんびりしていたらみんな竜斑病でやられてしまうから…。

ドラゴンクロニクルを解明して早く手を打たないと…猶予はない。
こういう時のアリーは冷静でリーダーって感じがする。頼もしい。
ちょっと不安だけどもう行くしかないようだ。

これから向かうのは未来、エデン

アリー
「目的地はエデンの平和の象徴、カザン共和国
その街では、かつて英雄により竜殺剣に封じられた、
愚かな真竜が復活しようとしている。
13班のミッションはその真竜…第6真竜ヘイズの討伐だよ!」

竜殺剣は真竜を封じることもできるのか。
愚かな真竜っていう言葉が気になるけどアリーなにか知ってるのかな?

ジュリエッタの事前調査によると、ヘイズは真竜の中でも最も若くて好戦的らしい。
真竜にも若いとかあるんだ。
みんな同じなのかと思ってた(´ω`)
ニアラは『クァハ…』とかいってたからおじいちゃん?

ISDFは東京で竜狩り

ISDFは東京で竜狩りを始めるようだ。
エーグルもISDFの作戦に参加するらしい。ありがたい。

東京はユウマとエーグルに任せて、次の真竜に向かう。
ユウマも一刻も早く片付けて、来てくれるらしいし。

次の時代に行く前にミオちゃんに会いに行こう。
ヨリトモからおじいさんの近況も教えてもらったことだし。

ナガミミに邪魔される

ミオちゃんのお母さんは病気で亡くなったらしい。
入院してそのまま帰ってこなかったとか。
お父さんはお葬式の後、どこかへ行ってそのまま帰ってこない。
なので、おじいちゃんももう会えないんじゃないかと不安になっていた。

大丈夫、13班は絶対戻ってくるよ!

長話していたらナガミミに怒られてしまったのでそろそろポータルに行くよ。
ミオちゃん、いってきます(`・ω・´)ゞ

ポータルで未来へ!

いざ、未来へ!

 

カザン共和国

思っていたより暗く、フロワロの浸食も進んでいる場所だった。

ナガミミ曰く、このエデン過去に真竜2体の同時襲撃を受けたことがあるらしい。
一方の真竜ヘイズを竜殺剣に封印し、その剣でもう一方の真竜を討ったそうだ。

長い時を経て、竜殺剣の封印が弱まりヘイズが復活、フロワロが繁茂し始めたと。
ヘイズはまだ完全に復活したわけじゃないが、油断はできそうにない。

封印が弱まっただけでこれだけのフロワロってヘイズ相当強いのかな。
けどそのヘイズを封印してもう1体の真竜を討てるとかエデンの戦士強い…。

遺跡の頂上にヘイズがいる

ヘイズは遺跡の頂上か。
そこまで行くのもまた大変そう。

街にいる人によれば、入口が閉まっていて中に入れないらしい。
遺跡の入り口まで行ってみたものの、確かに閉まっている…。
来るとき見つけた人のいないギルドが怪しいのでまた行ってみることに。

見たことある!

どこかで見たことがある顔!
前作にもいたエメルにそっくり!!
あれ、けど前作で真竜にやられてしまったような…。
…別人?

ブリジルト・ブレイクニー

成敗する!

と、突然怒られたんですが血の気多すぎですよお姉さん。
ちょっと近寄りがたいタイプですわ

ナ・サイラスリヒト・シヴィラティカ

うん、長い!途中で噛みそうなくらい長い名前ですね。
メガネイケメンは学都プレロマの星学者さんらしい。
科学者みたいなものだということです。

やっぱりエメルだった!

「カザン共和国奪還作戦の指揮官…ということになっている。
この時代ではな

やっぱりエメルだった!
エメルはヒュプノスなので、数万年以上前から今と変わらない姿を保っているらしい。
真竜にやられちゃってたけど生きてるってことは不死身なのかな。
(ヒュプノスってなんだっけ…?)

エメルにはすぐ13班がこの時代の人じゃないことがわかり、
サイラスとナギリ(エメルの後ろにいるネコミミお姉さん)と共に遺跡入り口へ行けと言われた。

未来人にも遺跡の入り口を開ける方法がわからないのにどうするんだと思っていたけど
ナガミミがちょっと調べてくれるようだ。

遺跡はアトランティス海洋王国の遺跡だった

どうやら13班が過去に介入したことで、未来に影響が出ているようだ
サイラスが最初、「こんな遺跡あったかな~」と言っていたのはそういうことか。
過去が変わったことで、未来が少しずつ変わっているっぽい。

扉を開けるにはウラニアの協力が必要なので、いったん現代に戻ろう。

ウラニアに相談

早速未来の話をすると、快く協力してくれることに。
自分たちが過去からきているから、未来の話をしてもすぐ理解してくれたようだ。
もう迷いのない感じでとても頼もしくなったウラニア(*´ω`*)

アリーにも報告

会議室へ行くと、ISDFと通信中。
竜の討伐は順調らしい。
エーグルも活躍していて、帝竜を2匹も仕留めたと嬉しそう。
ユウマとエーグルも仲良くしていてちょっと楽しそうだ。羨ましい

報告会

ジュリエッタもアトランティスの遺跡にヘイズがいることにびっくり。
玉砕作戦が実行されてたら遺跡は倒壊してたからね…。

サイラスジルナギリとは協力してほしいらしい。
次の仲間かな(*´ω`*)

アリーはエメルを知っている風

「必ずキミの力にもなってくれるはずだよ。…必ずね」

アリーはエメルを知ってるのかな。
過去の資料を読んだ情報というよりはアリー自身の言葉に聞こえた。
なんかどんどんアリーが謎の存在な気がしてくるぞ(´ω`)

7TH DRAGON-Ⅲ3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。