セブンスドラゴンⅢ #14「第3真竜ニアラはぴかぴか」

今日はアリーに起こされた

いつも起きるときはナガミミに起こされるのに、今日はアリーに起こされた。
しかも起きたら目の前にいるって…
この部屋、鍵はついてないんですか

アリー
「アリーは成長するものが好き。
それを邪魔するものが嫌い。それだけだよ☆」

13班の成長も、ゲームも、ジュリエッタの研究も
成長するから好き、だから協力を惜しまないと。

なぜだかアリーの話をしていると、アリーって人間なのかわからなくなる時がある
自分はもう成長しないから若い人に期待してるって意味なのだろうか。

不思議な気持ちになりつつ、会議の時間なので向かうと
ウラニアとエーグルもその場にいた。
ニアラの元へ一緒に行くらしい。

ナガミミと状況確認

早速、みんなでニアラの元へ行くことに。
ISDFが先行し、13班はしんがりを務めることに。
エーグルはウラニアを守ること。

封印区をあけるのはウラニア

ウラニアに扉を開けてもらったら突入。
最深部へ向かいます。

13班はしんがりなのに、ドラゴン倒しながら進まないといけないんですよね。
ISDFやエーグルたちはうまく回避しながら進んだのでしょうか(´ω`)

ドラゴン:ダークワン

状態異常も効くし、攻撃も痛くないので
いままで全部のドラゴンを倒していたら余裕かも。

ドラゴン:モーフドラグ

最下層へ行くまでに戦うドラゴンのほとんどがこのドラゴン。
動きが可愛い(*´ω`*)
回避率を上げる行動をしてくるので、そうするとなかなか攻撃が当たらない。
その前に眠らせることができれば戦闘が長引くことはなかった。

ドラゴン:フリーズドラゴン

個人的に今まで戦った中で一番ドラゴンっぽい見た目をしてる。
名前にもドラゴンってついてるの初めてかもしれない。
(今までのはドラグやドラゴだった)
一見強そうに見えるが、そうでもなかった(´ω`)
状態異常をたくさんつけると結構楽だった。

 

この先が最深部

ついにニアラのいる最深部前に着いた。
決着の時が来たようだ。

ヨリトモ
「…なるほど。
それでは、二人はここまでだ。
これ以上は危険だ。
扉を開いたら、ウラニア王女はエーグルと共に
避難して頂きたい。」

真竜との戦いで巻き込まれて命を落とす可能性があるからね。
きっとここまでのドラゴンとは比べものにならないだろうし。
守り切れる自信はない。

しかし、ウラニアは最後まで見守りたいらしい。
最期の王家として、その責があると。
エーグルからもお願いされ、ヨリトモは了解した。
二人が嫌だっていってるのに帰しても、
いつのまにか戻ってきそうだしね…。

ISDFも後方支援になりそう

ユウマの調子がよくない。
ユウマの中の無数の竜因子が真竜ニアラを間近にして共鳴しているようだ。
それを抑えきれない状態で戦闘の許可は出せないと。

このまま戦ってユウマになにかあったら困るしね。
ヨリトモはいい総督のようだ。
アクツと違ってユウマを一人の人間として見ている気がする。

ユウマもしぶしぶ了解してくれたので、真竜と戦うのは13班になりそう。
共闘したかったけど仕方ない。

 

ニアラ

ニアラ
「目覚めの…時か…」

真竜はしゃべるのか。
それにしても色が…ピッカピカですね(´ω`)

ニアラ
「清く豊かなこの国が
美しき葬送の花に侵され滅ぶさま…
とくと堪能させてもらった。」

ヨリトモ
「右翼の欠損もなし。
2020年の出現データとは違う
…完全体という訳か。」

ウラニア
「ニアラよ、最期の時です。
この国を…人々を…
踏みにじった報いを受けなさい!」

第3真竜ニアラ

真竜だし完全体なので、相当強いんじゃないかと思っていたがあまり強い感じがしなかった。
ルーンナイトが受ければ通常攻撃は痛くないし、
ハッキングも状態異常も効くのでどんどん追加していける。

虚無の睨みでさまざまな状態異常をつけてくるのがちょっとイタイが
2ndにデュエリストがいればサポートで状態異常を回復してくれる。

破滅の予兆はニアラに宇宙パワーが集まるらしい。
魔法攻撃力が上がり、次ターンが怖いのでバディでブレイクすると安心。

誰もピンチになることもなく、TURN11で倒すことができた。
帝竜メイヘムとの戦闘のほうがつらかった…

 

シキ、竜殺剣で切る

竜殺剣で刺すのかと思ったら切ったシキ。
右の翼を落としてニアラ倒れました。
検体は右翼なのかな。

謎の人物再び

???
「今暫く、夢視るとしよう…
終焉の果てに 方舟となり得るのか…」

また現れた謎の人物。
よくわからないことを言っているが何が目的なんだろう。
ぱっと見 敵のようだが実は味方っていうことも…うーん。

 

現代で報告会

エーグルとウラニアは避難区で休んでもらい、アリーに報告を。

これで集まった検体は3つ
7番目をのぞけば真竜はあと3体。

ジュリエッタによると、ようやくドラゴンクロニクル解明の光が見えてきたらしい。
ニアラの検体を解析すればほかの真竜の情報もきっと手に入るので
13班は待機、今日は休むことに。

寝る前にウラニアたちのいる避難区に顔を出すことにしたのだが
ウラニアたちみんな暗い顔をしていた。

落ち込む民たち

ウラニア
「一段落したからでしょうか。
皆、ふいに深い悲しみが訪れてしまって…。」

ニアラを倒すためがむしゃらに進んできたけど
そのニアラを倒したら思い出してしまったのでしょう。
多くの人や場所を奪われてしまったわけですしね…。

海に住んでいたから避難区のような海のない場所じゃ寂しくなるようだ。
せめて波の音だけでも聞きたいというので、ここにも海はあるというとびっくりしていた。
現代に来た時から建物の中にいたので、海があると思わなかったのかな。

現代の海に感動

エーグル
「景色はまるでちがうけどよ…
風も、匂いも、波の音も、
間違いようがねぇ…」

ウラニア
ありがとう、13班
ここに連れてきてくれて。」

海を見て、少しは気持ちが落ち着いたようでよかった。
好きな時にここで海を眺めていいのよ(*´ω`*)

 

――13班たちが休んでいる頃ISDFは…

ナグモ博士

ナグモ博士
ミオにはもう会ったのか?
あの子は母親に似て頭が良いからな。
バレたくないなら油断しないことだ。」

どうやらナグモ博士はミオちゃんや母親のことを知っているようだ。
というより、ミオちゃんが探している父親ってヨリトモのこと?
ヨリトモにも何か秘密があるようですね。

ナグモ博士の研究結果

ユウマの元を作ったのはナグモ博士らしい。
途中で去ったようなので、最終的にユウマを作ったのは別の人かもしれませんが。
人類最強の遺伝子を持ち、2体の真竜のデータがインストールされているとか。

いま、3体目をインストール中のようだ。
相当ユウマは苦しんでいるが、ユウマの意思でこうなっているらしい。
やはり13班の存在がユウマをこうしてしまったのだろうか

ヨリトモやナグモ博士はユウマを心配しているが、アクツは全く心配していないようだ。

アクツ
「この星の支配者は人類だ。断じて竜などではない。
ISDFはユウマを…人類戦士ユウマを以て
第7真竜を駆逐するのだ!

アクツはユウマの体のことより竜を倒すことしか考えてないようだ。
人類戦士って…どこかで聞いたことがあるような…。
(2020で人類戦士タケハヤという人がいたような)

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。