セブンスドラゴンⅢ #13「輝く竜殺剣」

前回、ウラニアの協力を得たエーグルと13班は、
ウラニアとともにクラディオンに来ていた。

この集落の星晶石(オリハルコン)を持って鍛冶場へ向かうため
しばらくしたら集落にもマモノが押し寄せてくるとのこと。

分隊準備

ユウマ
もう1隊は、俺たちと共に住居区の防衛を頼みます。

久しぶりに会ったISDFが防衛をしてくれるらしい。
13班も2ndユニットが防衛にあたるってことか。

ISDFが集めてくれたDzだけじゃ避難施設の改修に足りなく、
あと30Dzも必要だとか。
星晶石がなくなると大量のドラゴンが押し寄せてくるので
残りのDzを一気に集めるらしい。

ということは、30のドラゴンと戦うの…?
半分ISDFがやってくれるとしても15か…多いなー。

1stユニット鍛冶場へ

2ndユニットの装備を整えて、1stユニットは鍛冶場へ向かいます。
1st→エージェント・ルーンナイト・フォーチュナー
2nd→デュエリスト・サムライ・ゴッドハンド
とメンバーは変えずに行きます。

帝竜メイヘムを倒すために行った時と敵が変わっていて油断できません。

ドラゴン:ドラゴハンマオー

薙ぎ払いが痛い。
ルーンナイトは問題ないが、エージェントとフォーチュナーは油断するとやられる。
フォーチュナー2回やられた(´ω`)

ドラゴン:スモウドラグ

眠ってくれるのであまり攻撃されずに倒すことができたが、
ドラゴハンマオーの側にいることが多いので乱戦になりやすい。
ドラゴン×2はつらい(´ω`)

ウラニアが頑張る番

鍛冶場に着くと、ウラニアが鍛冶屋と共に竜殺剣を鍛えなおすことに。
相当な集中力が必要なため、エーグルと13班は外で待機らしい。

ドラゴンに奇襲されないか心配なので側にいたいが
いられると集中力が切れてしまうのでダメらしい。
あとはウラニアを信じて待つしかなさそう。

 

2ndユニットの出番

次は2ndユニットの出番。
ISDFと13班は集落外のドラゴンを遊撃するらしい。
いったいどれくらいのドラゴンを相手にすればいいのか不安…。

実はここ、脱出ポイントがあるので一旦ノーデンスに帰ることができる。
すると1stユニットと合流できるため、部屋のターミナルで編成し
1stユニットを連れてくることができる。

2ndユニットが育っていない場合の救済処置なのかもしれないが、
せっかく2ndユニットがいるのでこのままメンバーを変えずに進める。

ナガミミ連絡

集落の外に出るとナガミミから連絡が。
1つ残らず全部狩りつくせと。
ミオちゃんからも「1体でも集落に侵入させたらアウトだよ」と。

こういわれるとプレッシャー。
まぁドラゴンがどんどん集落に攻めてくるわけじゃなく、
うろうろしてるのを倒しに行くので平気なんですけどね。

この2ndユニットでの戦闘は初めてなのでドキドキしながら
ドラゴン狩り開始です(「・ω・)「

 

1体狩ったところでヨリトモから連絡で健闘を祈ると。
ユウマも負けていられないとドラゴンを倒したが、また頭が痛いようだ。

ユウマDインストールの副作用が出る

これ以上は足手まといだ、死んだら元も子もないだろうとヨリトモにいわれるが
ユウマはやめない。

ユウマ
戦えない俺に存在価値なんてない!
戦って、勝って、役に立って…
それ以外に何があるっていうんですか!
過負荷を避ければ戦闘は…可能です。
お願いです、提督…
俺の存在理由を奪わないでください…!」

アクツに戦えないならいらないと言われていたので焦っているように見える。
13班というライバルもいるしね…。
ヨリトモは心配そうだが、1度だけワガママを聞いてやると許可した。
ユウマになにもないといいのだけれど(´・ω・)

ドラゴン:フライドラゴニカ

新しいドラゴンはこのフライドラゴニカだけだった。
ほぼこのドラゴンで、ほかにドラゴハンマオーとスモウドラグ。

フライドラゴニカの様々な状態異常に注意すればそんなに強くはなかった。
2ndユニットはMN管理をしないと回復できないのがつらかった。

デュエリストのスキルが特殊で、トラップ主体で戦おうとすると
ゴッドハンドの迎撃が使えないので使い方が難しい。

ほとんどゴッドハンドは寝ていたので、サムライが片づけてくれましたが(´ω`)
火力は1stユニットよりあったような感じがしました。

 

マップ上にいる8体を倒すとストーリーが進み、みんなで鍛冶場へ。
ユウマの体調不良のことは13班には秘密のようだ。

みんな合流

ユウマから15Dzもらった。
いつの間にこんなに倒していたの(‘ω’)
1stユニットが倒したドラゴンのDzも合わせれば余裕の数になった。

あとは竜殺剣が完成するだけなのだが…
みんな気になっているようで、こっそりのぞいてみることに。

オリハルコンが光らない

順調ではなさそうだ。
でもウラニアは諦めず、もう一度最初からやってくれるそう。
あとは信じて見守るしかなさそう。

ついにアトランティスの崩壊が始まってしまったようで、
このままじゃ避難が間に合わないらしい。
13班は一度現代に戻り、施設の改修をすることになった。

Dzたんまりあるのですぐ改修できますよ!
というかDzがなんなのかよくわからないけど、すごい素材なんですね。
あっという間に改修できちゃうノーデンスもすごいけど。

ISDFの見せ所!

ISDFが市民の避難をしてくれるそうなので見守ることに。
さすがプロ、どんどん避難してくる…!

しかし、一部市民が拒否しているらしく、ウラニア女王に声明を出してほしいとのこと。
文書でかまわないとのことですが文書でいいなら本人じゃなくてもいいのでは…?

直接呼びかけるというウラニア

やっぱり文書じゃダメだった(´ω`)

竜殺剣はもうすぐできるということなので、側で見てることに。
ウラニアの祈りに答え、輝き、完成しました!

ウラニア
「星が導きし、竜を狩る者よ…
私たちの全てをあなたに託します。」

竜殺剣完成

エーグルもこんなに輝いていなかったと驚いていた。
先王が持っていた時の竜殺剣は本当の力が宿っていなかったようだ。

ウラニアは飲まず食わず、休まずいたので相当疲れているようだが、
市民に避難を呼びかけるためにすぐ王宮へ向かうとのこと。
最初に会ったころとは違い、頼もしい王女になっています。

王女の呼びかけ

星晶石を通じ、市民へウラニアの声が届きます。
素晴らしい演説が心に届いたのか、避難することを拒否していた市民も
ぞくぞくと避難を開始したようです。

演説後、ウラニアは倒れてしまったので東京へ連れて帰り休ませることに。
13班も疲れているのでみんなで帰ろうとしたが、タリエリはここに残るようだ。

1人でも誰か残っているなら、執政として王宮を離れるわけにはいかないと。
アトランティスが海に沈もうとも、最期まで守ると…。
タリエリにも生きてほしかったが…。

今日は全員疲れているので、ニアラ討伐は明日になった。
ナガミミに早く休むよう心配されたので、ゆっくり休むとしよう。
長い一日だった…。

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。