セブンスドラゴンⅢ #11「帝竜メイヘムと激闘」

帝竜メイヘムを倒すため、鍛冶場へ向かう13班
道中にドラゴンが徘徊していました。
見た目、全部同じなので戦うまでわかりませんでしたが
3種類のドラゴンが。

ドラゴン:アクアリア

アクアリアはここに来るまでに何度か戦っていたのでそこまで苦戦することもなく。
攻撃力もそんなに強くは感じなかった。

 

ドラゴン:ドラゴハンマード

ドラゴハンマードも戦ったことはあったが、新しく仲間になった
ルーンナイトとフォーチュナーのレベルが低いからなのか強く感じた。
力溜めからの攻撃にフォーチュナーが耐えられないことがあったので
ルーンナイトに挑発してもらわないとつらかった。

 

ドラゴン:ドラグメガマウス

初めて戦うドラゴン。口が大きい(´ω`)
普通に戦うと毒攻撃がイタイが、フォーチュナーに眠らされて
1度も攻撃できないまま倒されることが多かった。
3種類のドラゴンのうち、一番眠らせやすかった。

 

全てのドラゴンを倒しながら進むと、新しい仲間もレベルが追い付いて
普通に戦えるようになっていたので、このまま鍛冶場へ突入。

ちょっとユウマの様子がおかしかったのが気になったが…。

帝竜

精錬の鍛冶場へ突入すると、ドラゴンが。
ちょっと思ってたドラゴンの形と違うけどこれが帝竜メイヘムか。

ユウマ苦しみだす

戦うって時に苦しみだすユウマ。
やっぱり様子がおかしかったのは気のせいじゃなかった。

ヨリトモ
インストールの副作用か…!

ちょ、インストールってなんですか(‘ω’)
え、ユウマってもしかして人間じゃないの?

ISDFを守る13班

苦しんでるユウマをほっとけるわけないので、13班だけで戦います!
そんな気はしてたけどね!

ナガミミ
「コイツは強力な硬化で攻撃を防いでくるぞ。
コイツとやるつもりならまずは、バディを使って
硬化の状況をブレイクしろ!」

2ndユニットと協力して倒す敵のようですね。
仲間のスタンバイゲージを2以上に溜めて、その仲間を選択後
自分の行動を決定すればいいようだ。

ブレイクが必要な敵はLIFEバーをよく観察しろと。
キラキラ光ってるときに使えばいいってことかな?

 

帝竜メイヘム

状態異常にさせることができるが、逆鱗破という技で状態異常を治してくる。
竜瘴霧で毒を吐いてくるのがやっかいで、毒になると毎回30もくらう…。
LFが少ないとこれでやられてしまうので、30以上は保つようにしておきたい。

さらに、神速蛟竜活性で硬化し、攻撃が1しか与えられなくなる。
この時に2ndユニットとバディで攻撃するとブレイクになるらしい。
サムライバディ

2ndユニットがデュエリスト、サムライ、ゴッドハンドだったので
サポートを使いたくなったが、あまり使うとバディができず
攻撃できなくなるので、考えて使わないと戦闘が長引いてしまう。

志槻はなにも考えず戦っていたので長引いてしまい、
TURN14でやっと倒せた(´ω`)

 

戦闘中ヨリトモは見てただけ

ヨリトモは最初から戦う気がなかったのかな。
元気なんだから、援護してくれてもよかったのに…。

ユウマはずっと気を失っていたのか13班が倒し終わってから気が付き、
帝竜が倒されていたことに驚いていた。

敵か味方か

その後、エーグルと合流し集落へ戻ると、いかにも怪しい人物が物陰に。
仮面から髪見えてるし、女性かな?
13班が真の狩る者になるのかってつぶやいてたけど、敵なのか味方なのか…。

長老に感謝される

鍛冶場を取り戻せたことで、少しでも元気が出ればいいんだけれど。
しかし、ここにいる鍛冶職人は引退した老人か子供のみで
やっぱり竜殺剣は作れないらしい。

エーグルが竜殺剣の在りかを知っていた

エーグル
「先王…ユトレロ様は死の間際にオレに竜殺剣を託したんだ。
ニアラを倒す勇者が現れるのを信じてな…」

エーグルは持ち帰り、タリエリに渡したらしい。
しかしタリエリは竜殺剣を信じていなくて、首都の全星晶石を爆破する
ニアラ道ずれ作戦に固執していて聞く耳を持たないらしい。

竜殺剣の真の力を引き出すにはウラニアの協力も必要ということで
明日、タリエリに話をして交渉することになった。

 

アリーに褒められる

一度帰還、ということで現代に戻るとアリーに褒められた(∩´∀`)∩
ジュリエッタからもチューをプレゼントされそうになったがそこは拒否!

タリエリとの交渉がうまくいかなかった場合、
他の手を使うとISDFはいっていたけど何をする気だろう…。

明日に備えて解散したあと、ユウマに呼ばれた。

ユウマ
「君に少し話があります。
あとでレストフロアのテラスまで来てください

これは…!まさか告白!
皆の前では言えないことみたいだしわくわくしながら向かいます(*´ω`*)

ユウマからの呼び出し

こんないい雰囲気の場所での話って…!

ユウマの告白

思ってた告白とは違ってた…!
そんな気はしてたけど(´ω`)
ユウマは13班が好きってよりライバル意識がある感じしてましたし。

けどまさか本当に人間じゃなかったとは…。
ユウマは生きる竜殺兵器らしい。

ユウマ
「この肉体も促進育成のおかげで青年体だけど
実際にこの世に生を受けたのは12年前。
君よりも年下なんですよ。」

ユウマ12歳だった…!
20代くらいかと思っていましたが見た目だけなんですね。
けど中身も大人っぽいわぁ。

ユウマの夢は最強戦士

ユウマ
「そのためなら家族も友達も恋人も…何もいりません。
俺はそのために生まれたんですから。」

そんなこといわないでまずは友達からお願いしたい(´ω`)

ユウマが言いたいことは13班には負けないからな!
俺より弱いんだからこれからは助けないで!
第7真竜を倒すのは俺だ!ということだった。

一緒に頑張るじゃダメなんですね。
ちょっと悲しい。
今日はもう…寝よう。

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。