セブンスドラゴンⅢ #10「ルシェ族が仲間に!」

一通り発生していたクエストはクリアしたので、
ジュリエッタが繋げてくれた新しい場所へ出発します。

クラディオン

最初に行ったアトランティカとは雰囲気が全然違う…。

岩が浮いてる場所に出た

ナガミミもびっくりするような場所ですね。
岩が浮いてるってすごい…。

ナガミミ
「ヘタに動くなよ。
ツブれたトマトになりたくなかったら。」

怖いこと言わないでください(;´・ω・)

ユウマのお出迎え

わざわざ待っていてくれたようです。ありがとうございます。

行かないなら先に行くと言ってすぐに行ってしまいましたが…。
ISDFはこういう場所こあくないのでしょうか?
浮いてる岩をぴょんぴょん飛んで行っちゃったよ。

ナガミミさっきといってることが違う

ISDFが平気で行ったことが気に障ったのか、
ヘタに動くなと言っていたナガミミがさっさと行けと。

数日前までただの一般人(だったと思われる)シキたちに
こんな浮いた岩を上って行けというのですか。コワイ

ナガミミ
「連中の真似して後に続けば足場は確保できるだろ。
分かったら、さっさと行け!」

いつまでもここに突っ立ってるわけにもいかないので進むことにします。
ユウマたちも来るまで待っていたなら、一緒に行ってくれればいいのに(´ω`)

 

ドラゴン:アクアリア

奥はアリの巣構造になっていて、ドラゴンもうろうろしている。
2体、動いてるドラゴンアクアリアはバックアタックできるので
狙っていくと楽に倒せる。

フロワロの壁を守っているドラゴンの側に行くとユウマたちが待っていた。
このドラゴンは周辺のより強いらしく、バックアタックもできない。

ドラゴン:ドラゴハンマード

攻撃力は強いが、状態異常をしてくるわけではないので
正直道中の敵より脅威には感じなかった(´ω`)
LFにさえ気を付けていればどうってことはない。

 

倒されているドラゴン

複数の新しい足跡があったので、人がいるようだった。
慎重に先へ進むと、倒されたドラゴンが…。
この見た目で倒れてるとドラゴンが可愛く見える(´ω`*)

 

私兵団団長エーグル

この私兵団がドラゴンを倒していたようだ。
突然攻撃してきて、戦闘にもなった。
が、1対3ということもあり、強くはない。

彼らは星晶石を守りながらニアラを倒そうとしているらしい。
竜殺剣もあったが、先王に献上してもうないとか。

 

竜殺剣は、エメルとアイテルに教わったらしい。
2人は前作2020にもいたような。
こんな昔から2人はいたって2人は何者…。

教え1
教え2

この言い伝え通りに先王に竜殺剣を献上したようですね。
先王は竜を狩る者じゃなかったということか。

竜殺剣を作るための資材はもうないらしい。
作った人もほとんど先王と一緒に戦いに行ってしまったのでいないとか。

帝竜に鍛冶場とられた

ニアラのほかにも帝竜とかいるんですか。
エーグルたちは鍛冶場も取り戻したいが、そっちに戦力を割くと
ここにいる戦えない人たちがやられてしまうので行けないらしい。

ここを離れられないというなら、ニアラも倒せないんじゃ?

ひとまず、鍛冶場を取り戻すことにしてISDFとシキは帝竜を倒すことに。
すると、エーグルは私兵団の仲間を連れていけと。

戦力増強案

ユウマたちはとても自信があるようです。
自分たちが弱いのはわかっているけど、こういわれるとちょっとむっとするわー。
けど仲間が増えるのは嬉しいことなので、アリーたちに聞いてみることに。

アリーは心が広い

倍に増えてもいいと言ってもらえました。
ということで、ルシェ族の見た目と職業が解禁になり、
2ndユニットの編成も可能となりました。

 

ナガミミがターミナルを持ってきた

いつの間にかこっちに来ていたナガミミ。
ターミナルここまで持ってきたってすごい…実は力持ち?
ここからは6人編成で行くので早速3人追加しました。

 

ルーンナイトA

ルシェ族のルーンナイト
ボイスは島崎信長さん。

 

フォーチュナーA

同じくルシェ族のフォーチュナー
ボイスは2度目の登場、櫻井孝宏さん。

 

デュエリスト

公式ではサムライの外見、でもここではデュエリスト
ボイスは逢坂良太さん。

3人とも男性になってしまいましたが、
だいたいキャラとボイスが選べるときに志槻が選ぶのは男性です。
今回初めて自分の分身としてシキというメイド女性を選びました。

 

メンバーも交代して、エージェントのシキはそのままで
ルーンナイト、フォーチュナーを入れて
2ndメンバーにデュエリスト、サムライ、ゴッドハンドという風にしました。

6人になって装備を揃えるのが大変そうですが、
やれることが増えたのでわくわくですね(*´ω`*)

7TH DRAGON-Ⅲ 3DS
スポンサーリンク
気まぐれゲームブログ。